【高校受験2022】静岡県公立高…学校裁量枠88校採用、学力検査3/3

 静岡県教育委員会は、2022年度(令和4年度)公立高等学校入学者選抜について、学校裁量枠において重視する観点および選抜方法の概要等を発表した。一般選抜は3月3日に学力検査、3月4日に面接等を実施。全日制のうち88校154科で学校裁量枠を採用する。

教育・受験 中学生
選抜等の日程(予定)と学力検査予定
  • 選抜等の日程(予定)と学力検査予定
  • 学校裁量枠において重視する観点および選抜方法の概要等(一部)
 静岡県教育委員会は、2022年度(令和4年度)公立高等学校入学者選抜について、学校裁量枠において重視する観点および選抜方法の概要等を発表した。一般選抜は3月3日に学力検査、3月4日に面接等を実施。全日制のうち88校154科で学校裁量枠を採用する。

 静岡県公立高等学校入学者選抜における一般選抜は、各学校が独自に定める「学校裁量枠」と県共通の方法による「共通枠」という2つの選抜枠がある。学校裁量枠は原則として、募集定員の50%以下の範囲内の人数で、学校・学科別に設定する。

  2022年度の入学者選抜においては、全日制92校163科のうち、88校154科で学校裁量枠を採用する。新たな観点として「探究活動」を設定したのは、三島南(普通)、富士市立(ビジネス探究、総合探究)、藤枝西(普通)、榛原(普通、理数)の4校6科。池新田(普通)は「地域貢献」を新設。沼津東(普通)や掛川西(理数)等は「中学校における学習」の裁量枠を追加した。

 学校裁量枠において重視する観点および選抜方法の概要等の一覧では、各校の学校裁量枠の選抜割合、選抜資料等をまとめており、静岡県教育委員会Webサイトから確認できる。

 2022年度静岡県公立高等学校入学者選抜の日程は、一般選抜が2022年2月15日から17日正午まで願書、2月22日から24日正午まで志願変更を受け付け、3月3日に学力検査、3月4日に面接等、3月15日正午以降に合格発表を行う。

 病気等ややむを得ない理由で受験できなかった場合には、3月4日午後3時までに決められた手続きをすることで、3月10日の追検査を受験することができる。一般選抜および特別選抜の結果、合格者数が募集定員に満たなかった学校・学科では再募集を実施する。再募集は3月17日から18日午後2時まで願書を受け付け、3月22日に面接や作文等、3月24日正午以降に合格発表を行う。
《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top