生徒主体の校則見直し「ルールメイキング」を考える…11/20

 カタリバは2021年11月20日、全国の学校における校則見直しのリアルと、日本社会における「ルールメイキング」について考えるオンラインイベント「学校の“当たり前”を問い直す 生徒と先生の挑戦」を開催する。参加無料。

教育イベント 先生
学校の“当たり前”を問い直す 生徒と先生の挑戦
  • 学校の“当たり前”を問い直す 生徒と先生の挑戦
 カタリバは2021年11月20日、全国の学校における校則見直しのリアルと、日本社会における「ルールメイキング」について考えるオンラインイベント「学校の“当たり前”を問い直す 生徒と先生の挑戦」を開催する。参加無料。

 カタリバは、2019年から経済産業省「未来の教室」の実証事業として、「みんなのルールメイキングプロジェクト」に取り組み、プロジェクトに賛同する学校とともに、生徒たちの校則見直しのサポートを行ってきた。この取組みでは、既存の校則やルールに対して生徒が主体となり、先生・保護者等との対話を重ね、納得解を作る「ルールメイキング」を通して、課題発見・合意形成・意思決定をする力を高めていくことを目指している。

リシードで全文を読む
《桑田あや》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top