「東京農林水産フェア」オンライン開催10/25-12/28

 東京都農林水産振興財団は、東京の農林水産業の理解および認知向上のため、「東京農林水産フェア」を2021年10月25日から12月28日の間、オンライン開催する。試験研究の紹介、オンライン料理教室、農業体験、苗木・野菜の無料配布等がある。参加費無料。

趣味・娯楽 小学生
東京農林水産フェア
  • 東京農林水産フェア
  • 東京農林水産フェア「花活布(はなかっぷ)」
  • 東京農林水産フェア「多摩産材箸づくり」
  • 東京農林水産フェア「親子収穫体験&焼き芋会」
  • 東京農林水産フェア「苗木・野菜」
  • 東京農林水産フェア「細密画オリジナル壁紙」
  • 東京農林水産フェア
 東京都農林水産振興財団は、東京の農林水産業の理解および認知向上のため、「東京農林水産フェア」を2021年10月25日から12月28日の間、オンライン開催する。試験研究の紹介、オンライン料理教室、農業体験、苗木・野菜の無料配布等がある。参加費無料。

 「東京農林水産フェア」は、花活布(はなかっぷ)講座、多摩産材箸づくり講座、オンライン料理教室、親子収穫体験&焼き芋会等のコンテンツがある。苗木・野菜の無料配布もある。

 花活布(はなかっぷ)講座は、動画で作り方を紹介する。「花活布」は、通常は外で観賞する花壇苗を室内で長く観賞可能とする東京都オリジナルの商品。切り花でもなく鉢植えでもない生花の新しい観賞スタイルの提案。応募は、Web東京農林水産フェアサイトの応募フォームから申し込む。先着30名(1人1つ)に花活布キットをプレゼント(無料)。

 多摩産材箸づくり講座は、動画で作り方を紹介する。東京都の面積の約4割は森林。東京都内の多摩地域で生育し、その地区で生産・認証された木材は「多摩産材」と呼ばれている。「多摩産材」を使うことは、森林から木が運び出され、花粉の少ないスギやヒノキの苗木が植えられ、森林循環を促進し、東京の森林を元気に育てることにつながっている。応募は東京農林水産フェアWebサイトの応募フォームから申し込む。先着100名(1人2つまで)に箸づくりキットをプレゼント(無料)。

 苗木・野菜の無料配布は、財団立川庁舎(東京都立川市富士見3-8-1)で行う。日程は、11月11日苗木配布は午前10時から午後3時(100名)、野菜配布は午前10時から11時(20名)、11月27日苗木配布、野菜配布いずれも午前10時から午後3時(各100名)、12月11日(土)苗木配布、野菜配布いずれも午前10時から午後3時(各100名)申込みはWeb東京農林水産フェアサイトの予約フォームから申し込む(事前予約制)。定員に到達次第、受付終了。

 オンライン料理教室(東京農林水産ファンクラブ連携企画)は、11月23日午前10時から11時30分まで開催予定。東京農林水産ファンクラブ応援サポーターである人気料理研究家の河瀬璃菜(りな助)さんをファシリテーターに招き、東京特産品を使った秋冬レシピをオンライン(Zoom)で紹介。参加者に料理レシピで使用する東京産食材を事前送付する。参加方法は、東京農林水産ファンクラブHPから申し込む。応募締切は、11月10日まで、参加費無料。

 親子収穫体験&焼き芋会(東京農林水産ファンクラブ連携企画)は、12月25日午前10時から午後1時に、くにたちはたけんぼ(東京都国立市)で、小学生以下の子供を対象に、都内農園で親子収穫体験&焼き芋イベントを開催する。野菜の特性や育て方を学び、農作業に親しみ食べて味わう、農家と都民が食と農を通じて繋がるイベント。東京農林水産ファンクラブ応援サポーターの農天気の小野淳さんが講師をつとめる。参加方法は、東京農林水産ファンクラブWebサイトから申し込む。応募締切は、12月10日まで、参加費無料。定員は、10組20名、1家族2名まで。応募者多数の場合は抽選となる。

 (PC/スマホ)にアレンジした東京都農林総合研究センター所蔵の細密画オリジナル壁紙がWebサイトからダウンロードできる。無料。「細密画」は、明治から昭和中期にかけて試験研究の資料として描かれた900点におよぶ水彩画。野菜・果樹・花等、当時栽培されていた作物は、カラー写真がなかった時代に、試験場専属の絵師により、細部まで科学的視点から描かれた細密画として、現在に引き継がれている。

 東京農林水産クイズは、東京の農業・林業・水産・畜産の各分野のクイズを全40問出題。動画で学べる農業教室は、家庭でできる農薬散布方法やポット・プランター用土の作り方等。畜産ふれあい広場は、畜産や畜産加工品の作り方を映像で紹介。東京都GAPアンケートは、東京都独自のGAP認証制度のしくみを解説。期間中も随時コンテンツは更新される。

 「東京農林水産ファンクラブ」は、東京農林水産業の魅力や価値を共有し、集い、楽しむためのコミュニティ。マルシェ出店や農林水産魅力発信イベント・キャンペーン等を通じて、東京の農林水産業を知ってもらい、親しみを感じて、広めてもらうことで、ブランド・イメージの向上を図る。東京の農林水産業を応援してくれる人であれば、誰でも大歓迎。ファンクラブの入会金・年会費は無料。会員限定イベントやプレゼント企画等の会員特典もある、会員登録の募集をしている。

◆花活布(はなかっぷ)講座
先着30名(1人1つ)に花活布キットをプレゼント
申込方法:Webサイトの応募フォームから申し込む
代金:無料

◆多摩産材箸づくり講座
先着100名(1人2つまで)に箸づくりキットをプレゼント
申込方法:Webサイトの応募フォームから申し込む
代金:無料

◆苗木・野菜の無料配布
場所:財団立川庁舎(東京都立川市富士見町3-8-1)
日程:11月11日(木)苗木配布10:00~15:00、野菜配布10:00~11:00
募集人数:苗木100名、野菜20名
11月27日(土)10:00~15:00
募集人数:苗木100名、野菜100名
12月11日(土)10:00~15:00
募集人数:苗木100名、野菜100名
申込方法:Webサイトの応募フォームから申し込む(事前予約制)、定員に到達次第、受付を終了
代金:無料

◆オンライン料理教室(東京農林水産ファンクラブ連携企画)
日時:11月23日(火・祝日)10:00~11:30(予定)
定員:10名(応募者多数の場合は抽選)
内容:東京特産品を使った秋冬レシピ(東京うこっけい卵、奥多摩やまめ等)
参加費:無料
応募方法:東京農林水産ファンクラブHPから申し込む(ファンクラブ入会登録が必要)
応募締切:11月10日(水)まで

◆親子収穫体験&焼き芋会(東京農林水産ファンクラブ連携企画)
日時:12月25日(土)10:00~13:00
場所:くにたちはたけんぼ(東京都国立市)
定員:10組20名(1家族2名まで。応募者多数の場合は抽選) 
対象:小学生以下の子供
内容:野菜収穫体験&焼き芋イベント
参加費:無料
その他:新型コロナウイルス感染症の状況によっては、開催を中止する場合がある
応募方法:東京農林水産ファンクラブWebサイトから申し込む(ファンクラブ入会登録が必要)
応募締切:12月10日(金)まで

◆細密画オリジナル壁紙
取得方法:Webサイトからダウンロードする
代金:無料

◆東京の農林水産業ファンクラブ
対策:東京の農林水産業を応援してくれる人
入会金・年会費:無料
申込方法:Webサイトから申し込む
《大田芳恵》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top