伊豆急で元JR東日本209系の撮影会12/11…無塗装姿で展示

静岡県の伊豆急行は11月24日、JR東日本から譲渡された209系通勤型電車の撮影会を12月11日に伊豆高原駅(静岡県伊東市)で開催すると発表した。

趣味・娯楽 その他
伊豆急行に入線した元JR東日本209系。撮影会では帯を取り除いた無塗装状態で展示される。
  • 伊豆急行に入線した元JR東日本209系。撮影会では帯を取り除いた無塗装状態で展示される。

静岡県の伊豆急行は11月24日、JR東日本から譲渡された209系通勤型電車の撮影会を12月11日に伊豆高原駅(静岡県伊東市)で開催すると発表した。

同車はJR東日本幕張車両センターに配置されていた房総用の2100番台で、今年3月のダイヤ改正でE131系が導入されたことに伴ない余剰となっていたもの。Twitterの情報によると7月には6両編成のC609編成、11月には6両編成を4両編成に短縮したC601編成が伊豆急入りしているという。

今後、伊豆急では2022年春の運用開始を目指して検査や改造、ラッピング化が進められるが、今回の撮影会ではラッピング前の無塗装の姿で展示される。

撮影会は4回に分けて20分ずつ行なわれ、開催時間は1回目が10時15分から、2回目が10時45分から、3回目が11時15分から、4回目が11時45分から。参加は各回100人が上限。

鉄道利用者限定となるため、参加には乗車券類の提示が必要。ICカードや片道乗車券利用などの場合は、伊豆高原駅で8時30分~11時30分に配布する鉄道利用証明書が必要。

伊豆急で元JR東日本209系の撮影会…ラッピング前の無塗装姿で展示 12月11日

《佐藤正樹(キハユニ工房)@レスポンス》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top