【高校受験2022】新型コロナ対応の追試情報まとめ

 受験本番が近づく中、受験生や保護者にとっては、入試の新型コロナウイルス感染症対応や追検査の有無も気になるのではないだろうか。公立高校入試の追検査情報について、首都圏をはじめとしたおもな都道府県をまとめた。

教育・受験 中学生
画像はイメージ
  • 画像はイメージ
 感染状況が大幅に改善する一方、新たな変異株であるオミクロン株感染者が確認される等、まだまだ気が抜けない新型コロナウイルス対策。受験本番が近づく中、受験生や保護者にとっては、入試のコロナ対応や追検査の有無も気になるのではないだろうか。公立高校入試の追検査情報について、首都圏をはじめとしたおもな都道府県をまとめた。

 多くの自治体が学力検査の範囲を縮小した2021年度入試と異なり、2022年度入試ではほとんどの都道府県が出題範囲の除外は行わない方針を示している。新型コロナウイルス感染症対応については、マスク着用の義務付け、座席間の距離の確保、検査会場への消毒液の配置等、ルールやガイドラインを整備している。

首都圏


東京都


 インフルエンザや新型コロナウイルス感染症等の感染者の他、新型コロナウイルス感染症への感染が疑われる者として学校保健安全法第19条により中学校が出席停止を行った者等も追検査の対象者に含める。追検査の応募資格を有する者が、インフルエンザ等のため、出願した追検査を受検することができなかった場合は、追々検査を実施する。
<追検査>2022年3月9日(水)
<追々検査>2022年3月25日(金)

埼玉県


 インフルエンザ罹患をはじめとするやむを得ない事情により学力検査を欠席した者等は、追検査を受検できる。ただし、実技検査・面接を受検した志願者は、追検査を受検できない。また、追検査では実技検査・面接は実施しない。
<追検査>2022年3月7日(月)

神奈川県


 共通選抜を志願する者のうち、インフルエンザの罹患等、やむを得ない事情により学力検査または作文のすべてを受検できなかった志願者のうち、希望者を対象に追検査を実施する。また、新型コロナウイルス感染者または濃厚接触者に認定されたことにより、学力検査または作文を受検できなかった志願者の中で、希望者を対象に追加の検査を実施する。
<追検査>2022年2月21日(月)
<追検査(クリエイティブスクール)>2022年2月22日(月)および24日(木)のうち高等学校の校長が指定する期日
<追加の検査>2022年3月10日(木)

千葉県


 インフルエンザ罹患による急な発熱で別室での受験も困難である等、やむを得ない理由により本検査をまったく受検することができなかった者のうち、所定の手続きにより志願する高等学校の校長に承認を受けた者を対象に追検査を実施。志願者のうち、新型コロナウイルス感染症の罹患等により本検査および追検査を受検できなかった者は、新型コロナウイルス感染症に係る特例検査を受検できる。
<追検査>2022年3月3日(木)
<特例検査>2022年3月22日(火)

茨城県


 共通選抜に係る検査等について、インフルエンザ等の学校保健安全法第19条で出席停止の扱いが定められている感染症、急な入院等、やむを得ない事由により受検できなかった者に対して追検査を実施する。追検査の対象者のうち、新型コロナウイルス感染症により追検査を受検できなかった者に対しては、追加の検査を行う。
<学力検査等の追検査>2022年3月9日(水)
<実技検査等の追検査>2022年3月10日(木)
<追加の検査>2022年3月18日(金)

群馬県


 追検査は、全日制課程・フレックススクール後期選抜または定時制課程選抜に志願した者のうち、新型コロナウイルス感染症感染者または感染が疑われる者、学校保健安全法第19条で出席停止の扱いが定められている感染症に感染し選抜当日受検できない者、および本人の責に帰さない理由により受検できない者で当該選抜のすべてを受検できない状況となり、当該高等学校・学科等における追検査の受検を希望する者を対象に実施する。
<追検査>2022年3月24日(木)

関西


兵庫県


 学力検査に出願している生徒で、新型コロナウイルス感染症と診断され治癒していない、もしくは保健所等から新型コロナウイルスの濃厚接触者として健康観察や外出自粛を要請されていることにより、学力検査を受検できなかった者は追検査を受検できる。
<追検査>2022年3月28日(月)

大阪府


 追検査を受検できるのは、一般選抜に出願した志願者のうち、学力検査等の当日に出席停止の扱いが定められている感染症に罹患し、当日すべての検査を受検できなかった者。追学力検査、追小論文、追面接の3種類の検査方法があり、いずれも同日に実施する。
<追検査>2022年3月19日(土)

京都府


 新型コロナウイルスの感染が判明した受験生、または濃厚接触者で発熱・咳等の症状があることを理由に受検が不可能となった受験生を対象に追検査を実施する。新型コロナウイルス感染症以外についても、選抜当日のやむを得ない理由による欠席者および途中退場者についても追検査の対象とする。追検査受検者については、中期選抜願書受付時に前期選抜または特別入学者選抜の合否が明らかでないため、中期選抜への出願を認める。また、中期選抜についても追加選抜を実施する。
<追検査(前期選抜・特別入学者選抜)>2022年3月3日(木)
<追加選抜(中期選抜)>2022年3月24日(木)

その他の地域


愛知県


 通常の追検査を含めてA、Bいずれのグループの高校でも学力検査を受けることができなかった者を対象に「新型コロナウイルス感染症にかかる特別の追検査」を実施する。また、特別の追検査で合格とならなかった入学志願者のうち、愛知県内の国公私立のいずれの高校にも合格していない者を対象として「新型コロナウイルス感染症にかかる特別の第2次選抜」を行う。
<特別の追検査>2022年3月25日(金)
<特別の第2次選抜>2022年3月30日(木)

北海道


 一般入学者選抜に出願し、新型コロナウイルス感染症等の学校保健安全法第19条で出席停止の扱いが定められている感染症、その他やむを得ない事情により本検査を受検できない者を対象に追検査を実施する。
<追検査>2022年3月14日(月)

福岡県


 新型コロナウイルス感染症の罹患またはその疑い等、やむを得ない理由により一般入学者選抜学力検査を受検できなかった者は、追検査を受検できる。また、追検査の受検が認められた者のうち、追検査当日においてもなお受検できない特段の理由があると認められる場合は、追選抜を受検することができる。
<追検査>2022年3月22日(火)
<追選抜>2022年4月初旬まで必要に応じて実施

静岡県


 学力検査や面接等について、病気等やむを得ない理由で受検できなかった場合、期日までに決められた手続きをすることで追検査を受検することができる。
<追検査>2022年3月10日(木)

岐阜県


 第一次選抜の検査日当日、新型コロナウイルス感染症および新型コロナウイルス感染症罹患者との濃厚接触、インフルエンザ等の感染症や負傷等、やむを得ない事情により、第一次選抜を受検することができなかった者または受検中の急病等により途中から受検できなかった者のうち、追検査の措置を希望する者を対象に追検査を実施する。
<追検査>2022年3月18日(金)

宮城県


 新型コロナウイルス感染症罹患者や濃厚接触者等、本試験が受検できなかった者のうち、追試験前日時点で退院または待機解除となる者、条件を満たす受検可能な濃厚接触者は、追試験を受検できる。
<追検査>2022年3月10日(木)

長野県


 後期選抜に志願した者のうち、新型コロナウイルス感染者または濃厚接触者(濃厚接触者に準ずる者を含む)として特定されたことにより、学力検査を受けることができなかった者等は、所定の手続きにより、後期選抜に志願した学校の追検査を受けることができる。また、追検査の受検申請をした者のうち、追検査を受けることができなかった者または追検査で入学予定者に内定しなかった者は、申請書を提出することにより特例再募集に志願することができる。
<追検査>2022年3月23日(水)
<特例再募集>検査日程は当該高等学校長が定める

鳥取県


 一般入学者選抜学力検査の当日、インフルエンザ等やむを得ない理由で欠席した者のうち、追検査の受検を希望する者に対して追検査を実施する。ただし、本検査において一部の教科でも受検した場合は、追検査を認めない。推薦入学者選抜では、検査当日に新型コロナウイルスに感染、または濃厚接触者で症状があるため受検できない者は、2月10日までに受検できる場合は、別日程で受検できる。
<追検査>2022年3月14日(月)

 なお、新型コロナウイルス感染症対応や追試験の情報は、今後の状況により、変更される場合がある。最新情報は、各都道府県のWebサイト等を確認してほしい。
《奥山直美》

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top