女子中高生アスリートのスポーツ障害予防、シンポ2/12

 立命館大学は2022年2月12日、シンポジウム「次世代型女性ジュニアアスリートのスポーツ傷害予防に向けて」を、オンラインで開催する。中学・高校生年代の女性アスリートのパフォーマンス向上とスポーツ傷害予防について考える。

生活・健康 中学生
 立命館大学は2022年2月12日、シンポジウム「次世代型女性ジュニアアスリートのスポーツ傷害予防に向けて」をオンライン開催する。中学・高校生年代の女性アスリートのパフォーマンス向上とスポーツ傷害予防について考える。

 スポーツ庁は、女性アスリートの活躍に向けた支援と、ジュニア層も含む女性アスリートが、健康でハイパフォーマンススポーツが継続できる環境の整備するため、「女性アスリートの育成・支援プロジェクト」を推進。立命館大学は、この「女性アスリートの育成・支援プロジェクト」に参画している。

 日本の女性アスリート(とりわけジュニア)は、正しい医学的知識を得るチャンスはそれほど多くなく、海外に比べ効果的な育成や支援のあり方についても、まだ研究・開発の途上にある。

 シンポジウム「次世代型女性ジュニアアスリートのスポーツ傷害予防に向けて」は、ジュニア期にあたる中学・高校生年代の女性アスリートのスポーツ傷害予防やコンディショニング方法の知見を発信する。

 女性特有の問題に関して、能瀬さやか氏(東京大学医学部附属病院女性診療科・産科産婦人科医)「女性ジュニアアスリートのコンディショニングと傷害予防」の特別講演や、スポーツ傷害の予防的観点から江睦明氏(新潟医療福祉大学 理学療法学科教授)の先進事例紹介「女性アスリートのスポーツ傷害の特徴と予防に向けた取り組み」等。パネルディスカッションは、「女性ジュニアアスリートのスポーツ傷害予防に向けて」をテーマに行う。

 2022年2月12日、オンライン(Zoomウェビナー)で開催する。スポーツ傷害予防やコンディショニングに関心のある人等、誰でも参加できる。事前登録制。定員1,000名。参加費無料。登録はWebサイトから申し込む。

◆シンポジウム「次世代型女性ジュニアアスリートのスポーツ傷害予防に向けて」
日時:2022年2月12日(土)14:00~16:00(13:30ログイン開始)
開催形式:Zoomウェビナー
対象:スポーツ傷害予防やコンディショニングに関心のある人等、誰でも参加できる
定員:1,000名
参加費:無料(事前参加登録制)
申込方法:Webサイトから申し込む
《大田芳恵》

編集部おすすめの記事

特集

page top