親子で学ぶ「災害新時代」の防災絵本、予約受付開始

 学研プラスは、親子で防災を学べる絵本「一生つかえる!おまもりルールえほん ぼうさい」の予約受付を2022年1月15日に開始した。3月10日発売。監修は山村武彦氏、イラストはthe rocket gold star氏。B5変型判56ページでオールカラー。定価1,540円(税込)。電子版あり。

生活・健康 保護者
「一生つかえる!おまもりルールえほん ぼうさい」
  • 「一生つかえる!おまもりルールえほん ぼうさい」
  • 子どもが覚えやすい35の防災ルールを掲載(コンテンツイメージ)
  • 子どもが「いる場所」別のルールでわかりやすい内容(コンテンツイメージ)

 学研プラスは、親子で防災を学べる絵本「一生つかえる!おまもりルールえほん ぼうさい」の予約受付を2022年1月15日に開始した。3月10日発売。監修は山村武彦氏、イラストはthe rocket gold star氏。B5変型判56ページでオールカラー。定価1,540円(税込)。電子版あり。

 東日本大震災からもうすぐ11年。関東大震災が起きた9月、阪神・淡路大震災が起きた1月と同じように、3月は子供と一緒に災害について考えたり、防災対策の見直しをしたりする大切な時期となっている。3月に発売となる防災絵本「一生つかえる!おまもりルールえほん ぼうさい」は、「ひるおび!」「羽鳥慎一モーニングショー」等でおなじみの防災システム研究所所長・山村武彦氏監修のもと、サイゼリヤキッズメニュー「間違い探し」のthe rocket gold star氏によるやさしいイラストで、地震だけでなく記録的大雨や台風等の「災害新時代」における「命の守り方」を子供たちに伝える。

 絵本には、「災害新時代」に子供たちを守るための35の防災ルールを掲載。子供が最後まで読めるようにイラストを交えて簡潔にまとめられており、地震や津波等のイメージは過度に怖すぎない絵柄で表現されている。また、災害が起きたときに取るべき行動ルールについては、地震・大雨・台風・火事・雷等の災害別の説明ではなく、家・学校・町・山や川といった被災時の場所ごとにまとめられており、実際の場面をイメージしながら子供が読み進められる、より実践的で、わかりやすく覚えやすい構成となっている。

 その他、ひと目でわかって楽しい「すごろく風ルールチェックリスト」、親子でいっしょに確認できる防災ポーズ集、非常持ち出し袋持ち物リストや、災害用伝言ダイヤル、子供に持たせておくべきもの等をまとめた保護者向けページ等も掲載する。

《増田有紀》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top