スギ花粉は2月上旬に飛散開始…西日本で少ない予想

 ウェザーニューズは、2022年の花粉シーズンを目前に「第三回花粉飛散傾向」を発表した。スギ花粉の飛散ピーク時期は、西日本から東日本の広いエリアで2月下旬~3月下旬。飛散量は、平年並みとなるエリアが多いと予想される。

生活・健康 その他
花粉の飛散開始予想
  • 花粉の飛散開始予想
  • 飛散ピーク予想
  • 2022年花粉飛散傾向2021年比
  • 2022年花粉飛散傾向平年比

 ウェザーニューズは、2022年の花粉シーズンを目前に「第三回花粉飛散傾向」を発表した。スギ花粉の飛散ピーク時期は、西日本から東日本の広いエリアで2月下旬~3月下旬。飛散量は、平年並みとなるエリアが多いと予想される。
 
 ウェザーニューズは、2021年夏の天候や年ごとの飛散量の増減傾向、独自の雄花調査等から、花粉飛散開始時期と花粉飛散量を都道府県ごとに予想。全国的にはスギとヒノキの花粉について、北海道はシラカバの花粉についての予想が発表された。

 スギ花粉の飛散がはじまるのは、関東や東海の一部、九州を中心とした西日本エリアで2月上旬から。2月中旬には、中国や近畿、東海の広範囲、また東北南部でも飛散がはじまる見込みだ。その後、2月下旬~3月下旬にかけて、西日本から東日本の広いエリアでスギ花粉の飛散量がピークを迎えるとみられる。3月に入ると、スギ花粉に代わりヒノキ花粉の飛散が増え、広い範囲で3月下旬~4月中旬にピークになると予想される。
 
 花粉の飛散量は、多くのエリアで平年並みとなる予想だが、2021年と比べると北日本や北陸では多く、西日本では少ない見込み。2021年に比べ、北海道では約180%、東北北部や北陸では約130%と多くなる予想だ。特に飛散量が多くなるエリアでは、十分な対策が必要だろう。

《竹間たまみ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top