大阪エリアでキッズドクターのサービスが拡大

 ノーススターと日本交通グループ関西は、小児の健康相談アプリ「キッズドクター」のチャット健康相談機能内において、大阪在住者向けに近くの救急病院までのタクシー配車支援連携を2022年5月9日より開始した。

生活・健康 未就学児
大阪エリアでキッズドクターのサービスが拡大
  • 大阪エリアでキッズドクターのサービスが拡大
  • ノーススター
 ノーススターと日本交通グループ関西は、小児の健康相談アプリ「キッズドクター」のチャット健康相談機能内において、大阪在住者向けに近くの救急病院までのタクシー配車支援連携を2022年5月9日より開始した。

 キッズドクターとは、子供の健康で悩んでいるママやパパへ「医師や看護師に気軽に相談できる安心」を届けるために生まれたサービス。2021年3月より子供の健康に関して無料で相談できる「チャット健康相談」サービスを全国で開始した。

 「チャット健康相談」では、厚労省指針に基づき、病院が開いていない時間に看護師チームが医学的判断をともなわない一般的な医学的情報の提供や受診推奨を行う。また、オンライン診療や夜間往診サービス利用の推奨、救急病院の情報提供およびタクシー配車等も行う。

 大阪府では、2021年6月より平日夜間や休日といった病院の開いていない時間に利用できる夜間往診予約受付サービスを開始している(現在9都道府県で実施)。

 今回「陣痛タクシー」や「キッズタクシー」を展開する日本交通グループ関西との連携により、キッズドクターアプリのユーザーは同アプリ内のチャット相談機能を通して、自宅近くの時間外対応の病院紹介を受けることができ、必要に応じて病院までのタクシー配車支援を依頼することが可能となる。

◆小児の健康相談アプリ「キッズドクター」
<タクシー配車支援対象エリア>
大阪府:大阪市(北区、中央区、福島区)
<タクシー配車依頼の流れ>
1.アプリ内のチャット相談機能にて、紹介した時間外対応の病院での受診を希望する場合、自宅へのタクシー手配をキッズドクターが代行。※タクシー手配のため自宅住所を日本交通グループ関西に伝える。
2.タクシーが自宅へ向かう。行き先の病院住所は事前に乗務員に伝えてあるので、そのまま乗車。
3.目的地の病院に到着したら、タクシーの利用料を支払う。

《編集部》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top