返済不要の奨学金で費用年2万ドルに…米大学留学説明会6/25

 海外留学推進協会は2022年6月25日、費用を抑えたアメリカ大学留学に関する情報を提供する「円安に負けないアメリカ留学説明会」をオンライン開催する。参加無料。留学を検討する学生や保護者、教育関係者も参加可能。申込みはWebサイトまたはEメール、電話にて受け付ける。

教育イベント 大学生
返済不要奨学金で費用を抑えたアメリカ大学留学説明会~円安に負けない留学を応援~
  • 返済不要奨学金で費用を抑えたアメリカ大学留学説明会~円安に負けない留学を応援~
  • 説明会で紹介するアメリカ6大学
 海外留学推進協会は2022年6月25日、費用を抑えたアメリカ大学留学に関する情報を提供する「円安に負けないアメリカ留学説明会」をオンライン開催する。参加無料。留学を検討する学生や保護者、教育関係者も参加可能。申込みはWebサイトまたはEメール、電話にて受け付ける。

 アメリカは大学の学費が高いことが世界的に知られているが、大学が支給する返済不要の奨学金を利用することで、費用を抑えて留学することができる国でもある。コロナ禍による規制が徐々に緩和され留学のチャンスが拡大する一方、外国為替市場で大幅な円安が進み円換算ベースでの留学費用の上昇や、米国での物価高騰等、費用面・経済面で留学に不安やためらいをもつケースが増えているという。

 今回の説明会では、返済不要の奨学金を利用することで、費用を抑えながら学べるアメリカの6大学について紹介。奨学金受給後、授業料・寮費・食費・医療保険等の年間費用を約2万ドルに抑えて留学できる大学について詳しく解説する。

 たとえば、ノースカロライナ州にあるセントアンドリュー大学(St Andrews University)では、学部課程1学年の授業料・寮費・食費等含めた年間費用が通常4万1,080ドルのところ、奨学金支給後は自己負担2万ドルで通うことができる。フロリダ州にあるウェバー国際大学(Webber International University)は、年間費用3万9,696ドルが、奨学金支給後は自己負担2万730ドルになるという。金額はすべて授業料(30単位分)・寮費・食費・医療保険を含めた1学年(9か月)の費用例。

 セミナーでは、上記を含めた6大学について実際の金額を示しながら紹介する。参加は無料、事前申込制。WebサイトまたはEメール、電話にて申込みを受け付ける。

 海外留学推進協会は、日本の高校生・大学生・社会人の海外留学サポートを無料で提供する団体。世界の優良留学支援団体のみが認定される「AIRC(American International Recruitment Council)」に日本で唯一認定されており、世界各地の優良学校とも多数提携。奨学金を支給する多数の海外大学への入学手配も行っている。

◆返済不要奨学金で費用を抑えたアメリカ大学留学説明会~円安に負けない留学を応援~
日時:2022年6月25日(土)12:00~13:30
形式:オンライン開催(Zoom使用)
対象:留学を検討中の学生・保護者・教育関係者
参加費:無料
申込方法:海外留学推進協会Webサイト内「海外留学に関する説明会一覧」から該当の説明会を選択し、申込フォームまたはEメール、電話にて申し込む


《畑山望》

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top