【大学受験2023】東進「大学入試偏差値ランキング」最新版掲載…最難関は東大理三72など

 東進ドットコムは、2022年までの大学入試データに基づき、東進が客観的に評価した「大学入試偏差値ランキング」を6月21日に公表した。合格可能性50%偏差値を見ていくと、国公立(前期)は東京大学「理科三類」72が最難関。

教育・受験 高校生
東進の大学入試偏差値ランキング
  • 東進の大学入試偏差値ランキング
  • 国公立(前期)文系大学の偏差値一覧(ランキング・一部)
  • 国公立(前期)理系大学の偏差値一覧(ランキング・一部)
  • 私立文系大学の偏差値一覧(ランキング・一部)
  • 私立理系大学の偏差値一覧(ランキング・一部)

 東進ドットコムは、2022年までの大学入試データに基づき、東進が客観的に評価した「大学入試偏差値ランキング」を6月21日に公表した。合格可能性50%偏差値を見ていくと、国公立(前期)は東京大学「理科三類」72、私立は早稲田大学「文化構想/文化構想(併用)」と慶應義塾大学「医/医」71が最難関。

 東進の大学入試偏差値ランキングは、東進主催・年6回連続模試「共通テスト本番レベル模試」(全国統一高校生テストを含む)の受験生のうち、大学合格者の得点データの集計結果をもとに、算出、作成した偏差値一覧。原則として、国公立大は前期日程、私立大は個別入試ならびに共通テスト併用入試のみ掲載。一部、大学・学部学科や入試方式を集約、割愛、または旧称で表示している。偏差値Cラインは、入試本番時における合格可能性50%以上の数値を示している。この一覧は、大学間または学部学科コース間の格差を意味するものではないという。

 合格可能性50%偏差値を見ていくと、国公立(前期)文系は東京大学「文科一類」「文科二類」「文科三類」と京都大学「総合人間/総合人間(文系)」が68、国公立(前期)理系は東京大学「理科三類」72が最難関。

 国公立(中期・後期他)理系は北海道大学「理/生物・高分子(学部別)」70が最難関。

 私立文系は早稲田大学「文化構想/文化構想(併用)」71、私立理系は慶應義塾大学「医/医」71が最難関となっている。

 なお、偏差値の算出は、国公立大は平均5教科、私立大は平均3教科の受験科目数に基づいている。国公立大と私立大で偏差値算出の基準が異なるため、たとえ数値が同一であっても国公立大・私立大間で偏差値を比較することはできないという。

 東進ドットコムのWebサイトでは、大学種別(国公立前期、国公立中期・後期他、私立)や、学問系統、偏差値、エリア、キーワードといった絞込条件を変更して大学・学部を検索することができる。また、各大学の合格体験記や過去問の他、一覧に掲載されている大学名をクリックすると、大学の概要や学べる学問、教員・生徒数、就職状況、入試情報等の大学情報を確認できる。

 東進は、第一志望合格のために必要なことは「今の学力と合格レベルのギャップを埋める」ことだとアドバイス。大学は専門分野の学問を修めるための場であると同時に、将来の夢を実現させるステップの場でもあり、「どのようなことを学びたいのか」という目的に合わせて、大学を選ぶ必要があるとしている。また、大学一覧では、各大学の案内と過去問の情報が連携しており、志望大学選びや研究にも活用できる。目標とする大学の合格レベルを知り、今後の学力アップへの指標の参考にしてほしい。


大学受験案内2023年度用
¥2,750
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

《工藤めぐみ》

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top