内田洋行に関するニュースまとめ一覧(4 ページ目)

書いたものを即時にタブレット表示「スマートペン&アプリ」7/20発売 画像
教育ICT

書いたものを即時にタブレット表示「スマートペン&アプリ」7/20発売

 内田洋行は、タブレット端末向けの最細・最軽量のスマートペン「Neo smartpen N2(ネオスマートペン エヌツー)」と、授業用アプリケーション「N School Note(エヌスクールノート)」を、小中高などの文教市場向けに7月20日より販売開始すると発表した。

【NEE2015】New Education Expo 2015が東京有明のTFTで開幕 画像
教育ICT

【NEE2015】New Education Expo 2015が東京有明のTFTで開幕

 教育業界における最新トレンドと教育現場の活用事例をテーマに、教育ICT製品やサービスの展示とセミナーが行われる「New Education Expo 2015(NEE)」が6月4日から6日まで東京有明の東京ファッションビルタウンにて開催されている。

教育現場のICT、グループ1台のタブレットから1人1台のBYODへ 画像
教育ICT

教育現場のICT、グループ1台のタブレットから1人1台のBYODへ

 インテルは11月26日、教育市場における最新の取り組みについて記者説明会を開催した。同説明会ではゲストとして内田洋行とグーグル担当者も登壇、両社の教育市場における取り組みも合わせて紹介された。

61社が教育ICTを支援「Windowsクラスルーム圏域包括プログラム」発表 画像
教育ICT

61社が教育ICTを支援「Windowsクラスルーム圏域包括プログラム」発表

 マイクロソフトやインテルなど61社で構成する「Windowsクラスルーム協議会」は10月27日、ICT教育環境の整備に関する知見の共有や整備計画を支援する「Windowsクラスルーム圏域包括プログラム」を発表した。同日、文部科学大臣にプログラムの説明を行った。

内田洋行「大学・高校実践ソリューションセミナー」東京・大阪で11月 画像
教育ICT

内田洋行「大学・高校実践ソリューションセミナー」東京・大阪で11月

 内田洋行は、「大学・高校実践ソリューションセミナー」を11月5日(水)と6日(木)に東京、11月20日(木)に大阪で開催する。ICTを活用したセミナーや展示、フューチャークラスルームの見学会を行う。参加費は無料で、事前申し込みが必要。

タブレット端末導入事例など教育の情報化セミナー、全国6都市で開催 画像
教育ICT

タブレット端末導入事例など教育の情報化セミナー、全国6都市で開催

 教育関係者向け講演会&展示会「New Education Expo」が2015年に20周年を迎えるのを機に、全国各地で教育の情報化セミナーを開催する。10月18日(土)の東京を皮切りに、全国6都市で自治体主導のタブレット端末導入事例を中心としたセミナーを行う。

e-Learning Awards 2014フォーラム受付開始…Z会・近大附属など 画像
教育ICT

e-Learning Awards 2014フォーラム受付開始…Z会・近大附属など

 e-Learning Awards 2014フォーラムが11月12日~14日の3日間、お茶の水にあるソラシティカンファレンスセンターで開催される。9月18日より講演と展示・相談ブースの事前申込みが始まっている。事前申込みすると、入場料が無料になる。

内田洋行「未来の理科室」展開…ICTを活用した理科実験 画像
教育ICT

内田洋行「未来の理科室」展開…ICTを活用した理科実験

 内田洋行は、小中学生がわくわくして理科実験を行える理科教材の開発と、ICT活用の推進をもとに、体験・体感できる「未来の理科室」を展開。微生物観察用のスライドグラスとモニター付き生物顕微鏡を7月21日より販売開始する。

内田洋行、校務支援システムに個人カルテ機能を搭載…9年間の成長を記録 画像
教育ICT

内田洋行、校務支援システムに個人カルテ機能を搭載…9年間の成長を記録

 内田洋行は、校務情報化による教育の質向上をサポートする「校務支援システム デジタル校務」について、「個人カルテ」機能を搭載した新バージョンを6月5日に販売開始した。

CompTIAなど、グローバルITスキルを取得するための給付型奨学金制度を導入 画像
教育・受験

CompTIAなど、グローバルITスキルを取得するための給付型奨学金制度を導入

【NEE2014】デジタル顕微鏡、スマートペン、読書通帳など 画像
教育ICT

【NEE2014】デジタル顕微鏡、スマートペン、読書通帳など

 6月5日に開幕した教育関係者向けセミナー・展示会「New Education EXPO 2014」では、未来の学校を提案する展示が行われている。タブレット連携ソリューションやデジタル校務システム、デジタル教科書、スマートペン、読書通帳など、注目の展示内容を紹介する。

未来の教育を考える「New Education Expo 2014」6/5-7…54講演&130社展示 画像
教育ICT

未来の教育を考える「New Education Expo 2014」6/5-7…54講演&130社展示

 学校教育で高い関心が寄せられるテーマをもとに54の講演と130社の企業展示で構成される「New Education Expo 2014 in 東京」が6月5日(木)から7日(土)の3日間、東京ファッションタウンビルで一般公開される。

教育ICTの国内市場、タブレット端末のけん引で2020年には15.5倍・1,160億円に拡大へ 画像
教育ICT

教育ICTの国内市場、タブレット端末のけん引で2020年には15.5倍・1,160億円に拡大へ

 市場調査・コンサルティング会社のシード・プランニングは9月20日、教育ICTの最新動向と市場展望に関する調査結果を公表した。電子黒板やタブレット端末などの教育用ICT機器の国内市場は、2020年には15.5倍、1,160億円になると見込まれるという。

【NEE2013】未来の教室で遠隔授業と次世代双方向授業を体験 画像
教育ICT

【NEE2013】未来の教室で遠隔授業と次世代双方向授業を体験

 内田洋行は、フューチャークラスルームと同等の環境をNew Education Expo 2013の会場に設置し、来場者に最新設備を使った授業を体験させていた。

【NEE2013】PC・カメラ・タブレットを電子黒板で手軽に連携 画像
教育ICT

【NEE2013】PC・カメラ・タブレットを電子黒板で手軽に連携

 New Education Expo 2013でシービーエヌ(CBN)は、DVDプレーヤー、デジタル教科書・教材、書画カメラ、パソコン、タブレット、そして電子黒板など教室内のさまざまな機器とシステムを連携させるシステムのデモを行っている。

【NEE2013】4K対応のデジタル顕微鏡とフルHD対応の普及価格モデル、内田洋行 画像
教育ICT

【NEE2013】4K対応のデジタル顕微鏡とフルHD対応の普及価格モデル、内田洋行

 6月6日に開幕したNew Education Expo 2013(NEE)では、最新の教材や教具が各社ブースにて紹介されている。内田洋行のブースでは、デジタル顕微鏡のラインナップを展示、4K対応のデジタル顕微鏡などを使いミジンコの拡大画像を表示していた。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
Page 4 of 6
page top