内田洋行に関するニュースまとめ一覧(5 ページ目)

教育ICTの国内市場、タブレット端末のけん引で2020年には15.5倍・1,160億円に拡大へ 画像
教育ICT

教育ICTの国内市場、タブレット端末のけん引で2020年には15.5倍・1,160億円に拡大へ

 市場調査・コンサルティング会社のシード・プランニングは9月20日、教育ICTの最新動向と市場展望に関する調査結果を公表した。電子黒板やタブレット端末などの教育用ICT機器の国内市場は、2020年には15.5倍、1,160億円になると見込まれるという。

【NEE2013】未来の教室で遠隔授業と次世代双方向授業を体験 画像
教育ICT

【NEE2013】未来の教室で遠隔授業と次世代双方向授業を体験

 内田洋行は、フューチャークラスルームと同等の環境をNew Education Expo 2013の会場に設置し、来場者に最新設備を使った授業を体験させていた。

【NEE2013】PC・カメラ・タブレットを電子黒板で手軽に連携 画像
教育ICT

【NEE2013】PC・カメラ・タブレットを電子黒板で手軽に連携

 New Education Expo 2013でシービーエヌ(CBN)は、DVDプレーヤー、デジタル教科書・教材、書画カメラ、パソコン、タブレット、そして電子黒板など教室内のさまざまな機器とシステムを連携させるシステムのデモを行っている。

【NEE2013】4K対応のデジタル顕微鏡とフルHD対応の普及価格モデル、内田洋行 画像
教育ICT

【NEE2013】4K対応のデジタル顕微鏡とフルHD対応の普及価格モデル、内田洋行

 6月6日に開幕したNew Education Expo 2013(NEE)では、最新の教材や教具が各社ブースにて紹介されている。内田洋行のブースでは、デジタル顕微鏡のラインナップを展示、4K対応のデジタル顕微鏡などを使いミジンコの拡大画像を表示していた。

マイクロソフト・インテル・内田洋行などが教育環境へのICT導入支援組織を設立 画像
教育ICT

マイクロソフト・インテル・内田洋行などが教育環境へのICT導入支援組織を設立

 日本マイクロソフト、インテル、内田洋行など9社が発起人企業となり、初等・中等教育の普通教室におけるICT導入および利活用の提案を行う「Windows クラスルーム協議会(WiC協議会)」が設立された。教職員をICTの側面から支援することを目的とした協議会だ。

1人1台端末で使う、内田洋行の学習支援アプリ「デジタルスクールノート」 画像
教育ICT

1人1台端末で使う、内田洋行の学習支援アプリ「デジタルスクールノート」

 内田洋行は、1人1台の端末環境で、児童・生徒の「考える力」と「学び合い」を支援するアプリケーション「デジタルスクールノート」を開発し、11月1日より販売開始する。価格は、25ライセンスで52,500円、学内無制限ライセンスで126,000円。

【電子黒板】内田洋行…既存の黒板にレールで設置、スライド可 画像
教育ICT

【電子黒板】内田洋行…既存の黒板にレールで設置、スライド可

 日本教育工学振興会(JAPET)が8月28日から30日に開催した「東京都私立学校向け電子黒板展示会」で内田洋行は、既存の黒板にスライドレールを設置し、その上を自由にスライドさせることができる製品を展示していた。

【NEE2012】New Education Expo開幕…教育ICT機器・教材、校務支援、防災など 画像
教育ICT

【NEE2012】New Education Expo開幕…教育ICT機器・教材、校務支援、防災など

 「未来の教育を考える」をテーマに、今年で17回目を迎える教育関係者向けセミナー&展示会「New Education Expo 2012」が6月7日、東京都江東区の東京ファッションタウンビルで開幕した。

学校・自治体向けのIT資産管理サービス「ASSETBASE PCスキャン」 画像
教育ICT

学校・自治体向けのIT資産管理サービス「ASSETBASE PCスキャン」

 内田洋行は6月7日、学校・自治体向けのASP型IT資産管理サービス「ASSETBASE(アセットベース)PCスキャン」の新バージョンについて発表した。セキュリティ面などで20以上の新機能が追加されている。

日本の教育ICTハードウエア市場、2016年に1,038億円になると予想 画像
教育ICT

日本の教育ICTハードウエア市場、2016年に1,038億円になると予想

 市場調査・コンサルティングを行うシード・プランニングは6月4日、教育ICTの最新動向と今後の市場展望に関する調査の概要を公開した。

内田洋行、教職員対象ICTセミナー「校務&デジタル教科書」5/19大阪 画像
教育ICT

内田洋行、教職員対象ICTセミナー「校務&デジタル教科書」5/19大阪

 内田洋行では、学校の教職員や教育委員会・自治体の担当者等を対象としたICT利活用セミナー「校務&デジタル教科書」を5月19日に同社大阪支店内のフューチャークラスルームにて開催する。

JSET&内田洋行、未来の教育ICTを考える産学協同セミナー4/21開催 画像
教育ICT

JSET&内田洋行、未来の教育ICTを考える産学協同セミナー4/21開催

 日本教育工学会(JSET)では、2012年度の産学協同セミナー「産学で議論 教育工学の視点からの未来の学校(教室)〜明日の教育現場でのICT利活用を考える 韓国から学び日本を考える〜」を、4月21日に内田洋行・新川オフィスにて開催する。

内田洋行、セミナー「静岡県の校務の未来を考える」2/3・16 画像
教育ICT

内田洋行、セミナー「静岡県の校務の未来を考える」2/3・16

 内田洋行では、「静岡県の校務の未来を考える」と題し、教育関係者などを対象に、富士市および伊豆市の校務情報化の事例を紹介するセミナーを2月3日に沼津市、16日に静岡市で開催する。

内田洋行、未来の学習空間でクラウド活用校務&授業をデモ 画像
教育ICT

内田洋行、未来の学習空間でクラウド活用校務&授業をデモ

 内田洋行は11月30日、新川本社ビルにて、「ウチダ教育クラウドサービス」の新規提供および、12月1日オープンの未来の学習空間「フューチャークラスルーム(東京)」の紹介を行った。

内田洋行、教育クラウドを新展開&フューチャークラスルーム東京OPEN 画像
教育ICT

内田洋行、教育クラウドを新展開&フューチャークラスルーム東京OPEN

 内田洋行は11月30日、授業支援や校務支援サービスをクラウドで提供する「ウチダ教育クラウドサービス」について発表した。

内田洋行、教育ICT環境の未来を考えるセミナー12/9 画像
教育ICT

内田洋行、教育ICT環境の未来を考えるセミナー12/9

 内田洋行では、教育関係者向けセミナー「教育ICT環境の未来を考える〜フューチャークラスルームと校務情報化〜」を12月9日に実施する。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
Page 5 of 6
page top