【電子黒板】内田洋行…既存の黒板にレールで設置、スライド可

教育ICT その他

内田洋行のスライド型電子黒板。板書と電子黒板を同じ平面で展開できる
  • 内田洋行のスライド型電子黒板。板書と電子黒板を同じ平面で展開できる
  • 書画カメラで、カタログを拡大表示
 日本教育工学振興会(JAPET)が8月28日から30日に開催した「東京都私立学校向け電子黒板展示会」で内田洋行は、既存の黒板にスライドレールを設置し、その上を自由にスライドさせることができる製品を展示していた。同じ平面で黒板と電子黒板を使うことが可能で、従来からの板書と電子黒板の併用がスムーズに行える。

 学校関係の採用実績の高い同社は、今回の展示会の主な対象である小学校、中学校、高等学校のほか、大学などへも電子黒板を納入している。同社の電子黒板は、スライド式の黒板の裏側に埋め込む形でも設置できるという。電子黒板と従来の黒板を別のツールと考えず、連続的に使ってもらうという考え方だ。

 なお、展示していた電子黒板はディスプレイはシャープの70型BIG PAD、電子黒板ユニットはパイオニア製のものだ。内田洋行では、オリジナルの製品のほか、OEMでも教室と一体となった付加価値戦略で電子黒板を展開している。

 内田洋行 公共本部 教育ICT・環境ソリューション事業部の薬師寺正幸氏は、「日本にも助成金制度などがあるので、教育ICT先進国であるシンガポールや韓国に負けないように、もっと電子黒板を使ってほしい。」と、スライドレール式の電子黒板の提案を行っていた。
《中尾真二》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)