内田洋行、校務支援システムに個人カルテ機能を搭載…9年間の成長を記録

 内田洋行は、校務情報化による教育の質向上をサポートする「校務支援システム デジタル校務」について、「個人カルテ」機能を搭載した新バージョンを6月5日に販売開始した。

教育ICT 学校・塾・予備校
個人カルテに登録される主なデータ
  • 個人カルテに登録される主なデータ
  • 成績情報
  • 日々の生活の様子
  • アレルギー情報
 内田洋行は、校務情報化による教育の質向上をサポートする「校務支援システム デジタル校務」について、「個人カルテ」機能を搭載した新バージョンを6月5日に販売開始した。

 近年、教職員の情報共有によるきめ細かい指導・校務負担の軽減のため、ICTを活用した校務支援システムの導入が進みつつある。出席簿や通知表の作成など、校務の効率化に役立てられているが、学力情報のほか、豊かな人間性や健康・体力などの情報や、各発達段階における心理的特性や行動特性などに関する情報なども共有したいとするニーズも高まっている。

 こうしたことを背景に、内田洋行では、子どもの成績情報などの学力に関する情報から、生活情報やアレルギー情報など子どもの生活に関わる情報もすべて統合する「個人カルテ」を校務支援システムに搭載。個人カルテは、9年間の「子どもの成長」を記録し、学校内すべての教職員が情報を共有できる。また、児童・生徒個人単位で照会されるため、出欠や保健室来室情報の傾向、過去からの成績情報、日々の生活のようすなども組み合わせて閲覧することで、きめ細かい指導を実現する。

 アプリケーション価格は1校あたり年額15万円(税別)から。インフラ、サーバ、ミドルウェア、導入サポート、研修会、保守費用などは別途必要。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)