NTT Com、横浜市教委の校務システム基盤にクラウドサービス提供

教育ICT 行政

横浜市教育委員会の校務システム概要
  • 横浜市教育委員会の校務システム概要
  • 横浜市教育委員会
 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は12月22日、横浜市教育委員会が構築する校務システム基盤に、同社のクラウドサービスが採用されたと発表した。

 同社では、総務省「フューチャースクール推進事業」および文部科学省「学びのイノベーション事業」において、デジタル教材配信のためのプラットフォームとして、クラウドサービスを提供している。これらの実績をもとに、コストパフォーマンスやフレキシビリティ、セキュリティを兼ね備えたクラウドサービスを新たに開発し、学校数、教員数、児童・生徒数が日本最大規模となる横浜市教育委員会の校務システムの基盤として提供していくという。

 横浜市教育委員会では、「学校における、児童および保護者名簿、出欠席管理、健康診断の記録、成績処理、あゆみ・指導要録等の様々な情報を相互連携し、公簿および準公簿等の帳票の完成に至るまでの一体化したシステムとして新たに構築することで、校務の効率化を行い、本来的な教職員の教育活動が行うことのできる時間を確保し、さらなる教育の質の向上を図ること」を目的に、市立小学校344校、約1万人の教職員が利用する校務システムを2011年度に構築する。

 同社が提供するクラウドサービスは、教育委員会が独自に開発する校務支援システムを安定的に稼働させ、コストパフォーマンスに優れているのが特長。校務システムでは、教職員が成績処理などを行う学期末にシステム処理が集中するため、仮想化技術により必要な時に必要なリソースを最適化して提供する柔軟性を備えるという。

 また成績情報など重要な個人情報を扱うため、インターネット回線は用いずに、既存の教育情報ネットワークと専用回線で接続する環境でセキュリティを確保するとしている。
《田崎 恭子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)