Z会とNTT東、幼児・小学生向けにタブレット端末で学ぶ英語教材

教育ICT モバイル

Z会
  • Z会
  • NTT東日本、「光iフレーム2」
 Z会とNTT東日本は、新たなデジタル通信教育「デジタルZ」サービスを4月から、「光iフレーム2」「フレッツ・マーケット」利用者に提供すると発表。対応アプリ第1弾として、6歳から8歳を対象にした「はじめてまなぶえいご」を同時に発売する

 「デジタルZ」とは、Z会が提供する幼児、小学校低学年生向けデジタル通信教育教材を、タブレット端末「光iフレーム2」で活用するプロジェクト。デジタル教材を開発したZ会と、「フレッツ光」や「光iフレーム」など、Wi-Fi利用環境を推進するNTTが協力開発した新サービスだという。

 教育ICTが学校や企業などの教育現場で広がり続けるなか、家庭での導入には宅内ブロードバンド環境の有無が課題となっていたという。両社は、今後も家庭における教育ICTの普及拡大のため、協力していく方針。

 同プロジェクト第1弾は、身近な英単語の学習用アプリ。発売予定は4月だが、1レッスン分を搭載した無料体験アプリを3月1日に提供するという。

◆はじめてまなぶえいご
発売:4月
内容:カリキュラム1コース(12か月分)
価格:28,500円(1括)、2,750円(12回払い)
《湯浅大資》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)