チエル、ネットモラルを学ぶ大学生向けeラーニング教材

教育ICT ソフト・アプリ

2012年度版 スーパー情報倫理
  • 2012年度版 スーパー情報倫理
  • 学習コンテンツ画面
  • 確認テスト:問題画面
  • 確認テスト:解答・解説画面
  • 演習問題・解答(例)画面
  • 書籍「インターネットの光と影Ver.4」
 チエルは2月9日、同社初となるSCORM規格eラーニング教材「2012年度版 スーパー情報倫理」について発表した。

 インターネットは身近で便利なメディアになっている一方、ネットワーク上のトラブル、個人情報の漏えい、著作権侵害などの問題点も出てきており、大学等の教育現場からの情報倫理教材に対するニーズも高まってきているという。

 同社では、大学等で普及しているeラーニングプラットフォームのMoodleをはじめ、同社で発売している学習管理システム「Glaxa」等で利用できるSCORM規格のeラーニング教材として、書籍「インターネットの光と影 Ver.4」に準拠した「2012年度版 スーパー情報倫理」を制作したという。

 2012年度版 スーパー情報倫理では、インターネット社会において、「事故・事件」の被害者・加害者になることを未然に防ぎ、情報社会を生き抜いていくために必要な情報倫理・モラルに関する知識・ルールを、eラーニングによって身につけることができる。

 また、「インターネットと個人情報」「インターネットと知的財産権」など、生活や行動に密着した情報倫理・モラルを体系的に習得することができる。大学等の新入生教育の教材として、また情報モラルの自習用教材として利用することが可能。

 主な販売対象は、大学・短大など。年間利用料は525,000円となっている。

◆2012年度版 スーパー情報倫理
対応eラーニングプラットフォーム:Moodle(v1.9/v2.0/v2.1/v2.2)/Glexa
 ※Blackboard、WebCT(Blackboard Learning System)、WebClass、Internet Navigwareについても順次対応予定
利用料:525,000円/1年間
 ※同一学校法人(同キャンパス)内において、同時接続数・登録ユーザ数(利用人数)は無制限
発売開始日:2月29日(水)
【内容】
・学習コンテンツ(全10章)
 序章 インターネットと情報社会
 第1章 インターネットと個人情報
 第2章 インターネットと知的財産権
 第3章 インターネットと生活
 第4章 インターネットとビジネス
 第5章 インターネットと教育
 第6章 インターネットとコミュニケーション
 第7章 インターネットと犯罪
 第8章 インターネットとセキュリティ
 終章 健全な情報社会をめざして
・確認テストおよび解答・解説(計100問)
・演習問題および解答(計26問)
《前田 有香》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)