東京・埼玉・鹿児島の3都県、花粉シーズンに突入

生活・健康 健康

花粉情報
  • 花粉情報
  • 今後の見解
  • 花粉シーズン突入エリア
 ウェザーニューズは2月9日、ある一定の花粉飛散が東京都と埼玉県、鹿児島県で確認され、今後飛散が徐々に増える見通しから、3都県が「花粉シーズン」に突入したと発表した。

 同社では全国1,000ヵ所に、花粉観測量に応じて目の色が変化する独自の花粉観測機「ポールンロボ」の設置を進め、花粉の観測をしている。「ポールンロボ」は、花粉症の人の一般家庭や企業・病院などに設置。人の呼吸と同じ量の空気を吸引し、観測しているため、実際に人間が空気中で吸い込む花粉量を計測することができる。

 2月1日頃に東京都内59ヵ所(都内総数66ヵ所)の観測地点において、花粉に敏感な人が症状が出始める花粉飛散量(10個)を越えるレベルに達し、本日の夕方にかけてもそのレベルに達すると予想。

 また、24時間以内の都内在住の花粉症の人の症状報告によると、41人中の約2割が「ややつらい」、またはそれ以上の症状を感じ始めているという。埼玉県と鹿児島県でも10個以上の飛散が2月1日以降に確認され、本日もそのレベルに達すると予想されている。

 今年は2月始めまでの寒気が非常に強かったため、昨年より花粉シーズンに入るのが1週間程遅れたという。寒さのピークが過ぎる2月中旬には花粉シーズンに突入するエリアが増えてくる可能性が高くなってきている。今年の花粉の飛散量は昨年よりは少なくなるものの、花粉症の人は最新の花粉飛散情報を確認するなど、十分な対策を呼びかけている。

 なお、最新の飛散情報と各地の本格シーズン突入のお知らせは、スマートフォン向けWebサイトおよび携帯サイトにて随時発表していく予定。
《前田 有香》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)