子どもを守る事故予防のシンポジウム、池袋で3/10無料開催

生活・健康 その他

「子どもを事故から守る!プロジェクト」
  • 「子どもを事故から守る!プロジェクト」
 消費者庁は、「子どもを事故から守る!プロジェクト」シンポジウムを3月10日に開催すると発表。3歳未満の子どもにはどのような事故が起こりやすいのかを、未然に防ぐ対策方法なども合わせて解説するという。保護者だけでなく、保育・福祉・自治体などの関係者の参加を呼びかけている。

 政府によると、1~14歳の子どもの死因の第2位は、ライターによる火災、シュレッダーでの指切断事故、回転式自動ドアに挟まるなどの不慮の事故だという。調査によると、平成21年に不慮の事故(交通事故を除く)によって死亡した0歳〜19歳の子どもの合計は496人。これらは過去に発生した類似の事故情報を知っていれば、未然に防ぐことが多いとされており、保護者や関係者の認知を高めるため、平成21年12月に「子どもを事故から守る!プロジェクト」が開始した。

 今回のシンポジウムでは、複数の保健福祉関係者、消費者庁の政策関係者、小児科医など、子どもの安全に携わる関係者が講演予定。

 事前申し込みが必要だが、参加は無料。WebサイトまたはFAXにて受け付けている。締め切りは3月6日。

◆「子どもを事故から守る!プロジェクト」シンポジウム
開催日時:3月10日(土) 13:30~16:15
定員:150名
申し込み:Webサイト
《湯浅大資》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)