タブレット端末は子どもの遊び友達、先生、そしてベビーシッター…米ニールセン

教育ICT モバイル

12歳未満の子どものタブレット端末活用手段(ニールセン調査)
  • 12歳未満の子どものタブレット端末活用手段(ニールセン調査)
  • 12歳未満の子どものタブレット端末活用手段(ニールセン調査)
 米調査会社Nielsen(ニールセン)によると、12歳以下の子どものタブレット端末利用率が高まっているという。12歳未満の子どもがおり、タブレット端末を所有している家庭を対象に行った調査では、約7割の子どもがタブレットを利用しているという結果が出た。これは、2011年の第3四半期に行った調査と比べると、9%の上昇だという。

 同調査によると、タブレットは子どもにとっても、保護者にとってもありがたい存在となっているようだ。調査対象者の子どもの77%は、タブレットにダウンロードしたゲームを楽しみ、57%は教育アプリを活用しているという。また、55%の子どもは、家族での移動中、41%はレストランなどでの外食時にエンターテイメント用としてタブレット端末を利用する。外出時の子どもたちのベビーシッターという訳だ。

 その一方で、タブレット端末をコミュニケーションツールとして利用している子どもは15%に留まった。教育のほか、ゲーム、テレビや映画の視聴などエンターテイメントとしての利用率が多いことがわかった。
《湯浅大資》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)