【高校受験】H24愛知県公立高の志願状況…普通科トップは天白の3.52倍

教育・受験 受験

普通科 尾張第1群(Aグループ)
  • 普通科 尾張第1群(Aグループ)
  • 普通科 尾張第1群(Bグループ)
  • 普通科 尾張第2群(Bグループ)
  • 普通科 尾張第2群(Bグループ)
  • 普通科 三河第1群(Aグループ)
  • 普通科 三河第1群(Bグループ)
  • 普通科 三河第2群(Aグループ)
  • 普通科 三河第2群(Bグループ)
 愛知県は2月23日、平成24年度の愛知県公立高等学校入学者選抜における全日制一般入学入学願書受付締切後の志願者数について発表した。

 愛知県の公立高校の一般入試は、2月22日から23日にかけて願書の受け付けが行われた。一般入試では2つの学校を受験することができ、志望学科に応じた条件でA・Bそれぞれのグループの中から1校ずつを第1志望校、第2志望校として出願する(1校のみ受験も可)。

 公開された資料は一般入試の願書締切後の状況をまとめたもの。普通科と専門学科・総合学科のそれぞれで、各校(学科)ごとの募集人員と第1志望者数、第2志望者数、志願者総数、締切時の倍率などをまとめた一覧表となっている。

 普通科の中で倍率が高かったのは、天白の3.52倍、安城の3.5倍、犬山の3.26倍、市立山田の2.83倍、衣台の2.78倍、岩津の2.76倍、豊田西の2.68倍、阿久比の2.66倍などが上位となっている。

 この後、2月24日から27日まで志願変更を受け付けた後、Aグループでは3月12日に学力検査、13日に面接、Bグループでは3月15日に学力検査、16日に面接が行われる。一部の専門学科の志願者は3月13日と16日に特別検査が実施される。合格発表はいずれも3月22日の予定となっている。
《前田 有香》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)