Googleの新プライバシーポリシー、政府が法令遵守と明確な説明を要請

デジタル生活 インターネット

グーグルの新プライバシーポリシー
  • グーグルの新プライバシーポリシー
  • 総務省による発表文
 総務省と経済産業省は2月29日、グーグルに対し、同社の新プライバシーポリシーにおいて、法令遵守と利用者への明確な説明などの対応をするよう、文書で通知した。

 グーグルは3月1日から、サービス毎に設けていたプライバシーポリシーを一本化するとしているが、新ポリシーでは、収集された検索履歴や行動情報、さらにはクレジットカード番号などの個人情報も、関連会社に提供可能だ。そのため、すでに欧米などで問題点を指摘され、EUでは導入延期を求められる事態となっている。

 総務省と経済産業省は、「個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第57号)」「電気通信事業法(昭和59年法律第86号)における通信の秘密の保護等に関する規定」をそれぞれ順守することが重要とし、個人情報を第三者へ提供するには、本人からあらかじめ同意を得ること、利用者に対してプライバシーポリシーやサービスに関して分かりやすい説明をすることなどを必須とした。そのうえで、利用者から出てくる実際の懸念や要望に応えるべく、必要な追加的説明や措置等をとるよう、グーグルに要請した。

総務省、Googleに対し新プライバシーポリシーの法令遵守を要請

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)