夏休み自然科学教室「科学の泉-子ども夢教室」参加者募集

教育・受験 その他

ソニー教育財団
  • ソニー教育財団
  • 「科学の泉-子ども夢教室」
  • 応募要項
  • 白川英樹博士より、未来を担う子どもたちへ
 ソニー教育財団では、夏休み期間中に実施する小・中学生対象の自然科学教室「第8回 科学の泉-子ども夢教室」の参加者を募集している。

 同財団は、未来を担う子どもたちの知的好奇心や創造力を伸ばための、さまざまな教育支援活動を行っている。「科学の泉-子ども夢教室」は、ノーベル化学賞の受賞者である筑波大学名誉教授・白川英樹博士が塾長を務める夏休みの自然科学プログラム。全国から約30名の小・中学生が参加し、異なる学年同士がグループになり、自然の中で探求活動を行うというもの。第8回目となる今回は、8月5日から10日までの5泊6日の日程で、新潟県十日町市で開催予定。

 課題を与えられるのではなく、自分たちが疑問に思った課題に取り組み、好奇心や創造性を育んでいくのが同プログラムの特徴。子どもたちは、豊富な自然の中で合宿生活をしながら、自らの課題を見つけて、その探究方法を考え実行していくという。最終日には活動報告会を実施し、白川先生より一人ひとりに修了証が授与されるという。

 また、活動の終了後もネット上の掲示板や毎年3月に行う交流会への参加を通じて、塾生同士の交流が続いていくのも同イベントの特徴。卒塾生たちの交流を深めるための冊子も発行されているという。

 参加対象は、小学5年生〜中学2年生(2012年8月時点)。応募の条件は、本人が参加を強く希望し、保護者も企画の趣旨に賛同していること、自然の中での活動や科学に興味・関心があること、5泊6日の異学年での集団生活ができる自信があること。なお、過去の参加者は応募できない。

 参加希望者はホームページより応募書類をダウンロードし、申込書の他、推薦書、課題作文(400字以内)、自己紹介を添えて郵送する。締切は4月16日(消印有効)。書類による第一次選考(5月中旬)、面接による第二次選考(東京:6月2日、3日/大阪:6月10日)を経て、6月下旬に参加者が決定される予定。
《田崎 恭子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)