アフラック、2,555名の個人情報を誤送信

デジタル生活 パソコン

アメリカンファミリー生命保険会社(アフラック)は3月6日、同社社員が顧客情報を記録したファイルを誤ったメールアドレスに送信していたことが判明したと発表した。これは2月27日、同社仙台総合支社の社員が、管轄する販売代理店に対して同代理店が担当する顧客情報の一部が記録されたファイルをメール送信した際に、誤ったアドレスに送信したというもの。

誤送信したファイルには、契約者2,555名の氏名、生年月日、年齢、性別、郵便番号、住所、電話番号、証券番号、保険種類、口数、契約種類、集団名、集団コード、払込方法、保険料、特約情報が記録されていた。なお、センシティブ情報、口座情報、クレジットカード情報は含まれていないとしている。同社では誤送信の判明後、直ちに誤送信先に連絡を取ろうとしたが、発表時点では連絡が取れていないとしている。

契約者2,555名の個人情報を記録したファイルを別の相手に誤送信(アフラック)

《吉澤亨史@ScanNetSecurity》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)