新山千春がPR大使に、「第43回 JX童話賞」作品募集

教育・受験 その他

JX童話賞PR大使任命式の様子 新山千春(右)とJXホールディングス執行役員 中島祐二氏
  • JX童話賞PR大使任命式の様子 新山千春(右)とJXホールディングス執行役員 中島祐二氏
  • JX童話賞をPRする新山千春と小春さん
  • ホームページ「童話の花束」
  • 童話の花束(その42)
 JXホールディングスは4月10日、「心のふれあい」をテーマにオリジナルの創作童話を募集する「JX童話賞」のPR大使にタレントの新山千春を任命すると発表した。

 JX童話賞は、小・中学生を含む一般から広くオリジナル童話作品を募集し、その優秀作品を表彰するもの。1970年から毎年実施されており、年間約8,000作品、昨年の42回までの累計で、約28万にのぼる作品が応募されたという。

 毎年、佳作以上に入選した作品は、一冊の童話集「童話の花束」としてまとめられ、応募者全員に配布するほか、福祉団体を通じ全国の教育機関や施設にも寄贈されている。特に昨年は、東日本大震災により避難生活を送る子どもたちをはじめ、被災地に約1万3千冊が届けられた。

 今回、同賞のPR大使に任命された新山千春は、一児の母でありながら、世界の童話朗読CDや子育て関連の著書執筆など文化的な活動を行う一方で、被災地支援にも積極的に取り組んでいる。今後は、各メディアにおいて「心の ふれあい」がテーマであるJX童話賞を広く伝えていくという。

 なお、第43回となる今年は、すでに3月1日より作品の募集が始まっている。作品は、400字詰め原稿用紙5枚以内で未発表もの。応募資格はアマチュアに限られ、一般・中学生・小学生以下の3部門で受け付ける。

 作品は、郵送またはインターネットでも受け付ける。締切は5月31日(当日消印有効)。審査結果の発表は10月中旬を予定している。

◆第43回JX童話賞募集要項
募集内容:「心のふれあい」をテーマとした創作童話。作品は未発表のものに限る。400字詰め原稿用紙5枚以内(表紙を除く)。ワープロ原稿は20字×20行のタテ書き
応募資格:アマチュアに限る
応募区分:一般の部/中学生の部/小学生以下の部
応募方法:
【郵送の場合】
 原稿に必要事項(郵便番号・住所・氏名・中学生の部および小学生以下の部の応募者は保護者の氏名・年齢・性別・職業/学生は締切日時点での学年・電話番号・作品名・応募区分)を記入した用紙を重ね、右上を綴じる。
 [送付先]〒100-8692 日本郵便 銀座支店 私書箱610号「JX童話賞R係」
【インターネットでの応募】
 「童話の花束」ホームページの専用フォームより
締め切り:5月31日(木)(当日消印有効)
発表:2012年10月中旬 ※郵便で応募者全員に発送、あわせてWeb上でも発表
《田崎 恭子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)