関東で春雷と豪雨…落雷、突風、降ひょうに注意

生活・健康 その他

ウェザーリポートCh.
  • ウェザーリポートCh.
  • 東京アメッシュ
 気象庁は4月17日6時5分発表の「雷と突風および降ひょうに関する関東甲信地方気象情報 第1号」で、「関東甲信地方では、17日昼前から夜遅くにかけて、広い範囲で雷雲が発達する見込み。落雷、突風、降ひょうのおそれがある」として注意を呼びかけている。

 東京西部などでは15時時点で、すでに春雷が轟いている地域もあり、ウェザーニュースの「ウェザーリポートCh.」には、雷や豪雨の報告が続々と投稿されている。

 東京アメッシュでも、刻一刻と雨雲が広がっているようすが確認できる。15時40分時点、局地的に「猛烈な雨」「非常に激しい雨」の地域も確認できる。

 間もなく帰宅時間を迎えるが、今後の気象情報や交通情報に注意が必要だ。
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)