小学校算数の全単元に対応したオンライン問題集自動作成サービス

教育ICT インターネット

ラオン先生の反復ネット
  • ラオン先生の反復ネット
  • ラオン先生の反復ネット
  • 専用画面トップページ
  • 問題集説明とテストのサンプル
 教材開発やWebサイト運営事業を行うloyEduc(ロイダック)は5月10日、小学校で習う算数の単元を網羅した問題集自動作成サービス「ラオン先生の反復ネット」のリリースについて発表した。

 同サービスは、算数の問題を出力するための1,400以上の自動作成プログラムを搭載し、クラウドサービスにより提供される問題集作成サービス。インターネットに接続されたパソコンで「ラオン先生の反復ネット」に接続後、専用画面で必要な単元を選び、問題集を作成後、プリントアウトして利用する。

 提供される問題集は、学習指導要領に準拠し、小学校の算数で習うすべての単元に対応しており、説明文を加えて単元ごとにまとめた問題集や、ほぼ無制限に自動作成できる単元確認テスト、単元復習問題集を提供できるという。

 同社によれば、従来の問題集の自動作成サービスはPCにインストールするアプリケーションとして提供されているものがあったが、価格が学年単位で数千円から、全学年では数十万円といった高価なものだったという。

 一方、同サービスは、クラウドサーバーで提供され、作成した問題集のページ数による従量制で60枚525円という低価格で提供される(別途、初回のみ入会金525円が必要)。問題集の作成にあたっては、学年ごとの制限がなく、全学年から選ぶことが可能なため、学年を遡って学習したい場合にも適しているという。

 同社では現在、無料のお試し版として全単元のPDF問題集を公開中。入会者には初回の60枚を無料で提供するという。

 なお、「ラオン先生の反復ネット」では、中学の数学についてもサービスの準備を進めており、年内の完成を目指すとしている。
《田崎 恭子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)