慶應義塾「小泉信三賞全国高校生小論文コンテスト」募集開始

教育・受験 その他

第37回 小泉信三賞全国高校生小論文コンテスト
  • 第37回 小泉信三賞全国高校生小論文コンテスト
  • 第37回 小泉信三賞全国高校生小論文コンテスト
 慶應義塾大学は5月11日、元塾長で著名な経済学者・文筆家でもあった小泉信三博士の名を冠した「小泉信三賞全国高校生小論文コンテスト」の募集を、同氏の命日にあたる同日より開始した。

 慶應義塾では、小泉博士の人格と業績を後世に伝え、青少年の文章表現能力の向上に寄与することを目的として、昭和51年より同コンテストを実施しており、今回が第37回目となる。

 今回の課題は、「気品の泉源というメッセージの背景」「もしも福澤諭吉が現代日本の若者だったら」「独立と孤立」「働かざる者食うべからずという戒めについて」「嘘」の5つの中からの選択。単なる私見ではなく何らかの裏付けや主張があり、論旨がはっきりしている「小論文」を、全国の高校生を対象に募集する。

 原稿は400字詰め原稿用紙15枚以上20枚以内にまとめ、応募用紙と表紙をホームページからダウンロードして添えて郵送または宅配便で送付する。締切は9月6日。

 小泉信三賞(1名)には賞状、副賞15万円、記念品、次席(1名)に賞状、副賞8万円、記念品、佳作(3名)に賞状、副賞3万円、記念品が贈呈されるほか、最終選考に進んだ人と応募者全員にそれぞれ記念品が贈呈される。

◆小泉信三賞全国高校生小論文コンテスト
課題:※1つ選択
 1.「気品の泉源」というメッセージの背景
 2.もしも福澤諭吉が現代日本の若者だったら
 3.独立と孤立
 4.「働かざる者食うべからず」という戒めについて
 5.嘘
応募資格:全国の高等学校に在学中の生徒(締切日時点)
執筆要領:
・A4縦書き
・400字詰原稿用紙15枚以上20枚以下(ワープロ原稿の場合、1行20字×20行に設定)
・参考資料を添付する場合は3枚程度
・自作で未発表のもの
提出先:〒108-8345 東京都港区三田2-15-45 
慶應義塾 広報室 「小論文コンテスト」係
締切日:9月6日(木)
審査発表:慶應義塾機関誌「三田評論」12月号(12月1日発行)誌上および同サイトで発表、同時に応募者全員に書面で通知
授賞式:2013年1月10日(木)
《前田 有香》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)