今夜の部分月食は広いエリアで観測チャンス…ライブ中継も

教育・受験 その他

ウェザーニューズ
  • ウェザーニューズ
 5月21日の皆既日食から約2週間、また天体ショーが注目されている。本日6月4日は全国の広いエリアで部分月食の観測のチャンスがある。月の欠け始めは18時59分、部分月食の最大は20時3分、月食終了は21時7分、北日本では晴れる見込みで絶好の条件という。

 ウェザーニューズによると、4日は、梅雨前線の影響で全国の広い範囲で雲が多いものの、その厚みは薄く、おぼろ月ながらも月食を楽しめるエリアが多くなりそうだという。沖縄では台風の影響で観測は難しい見込みだ。

 「SOLiVE24」では4日19時ごろから、部分月食を北海道、新潟県、千葉県の3か所から生中継する。月食の模様は、スマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「SOLiVE24 Ch.」のほか、パソコンやテレビ(BS 910Ch)でも視聴できる。
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)