芯が回ってトガる「クルトガ」にディズニーモデル新登場

 三菱鉛筆は6月27日、芯が回ってトガり続けるシャープペンシル「クルトガ」から、ディズニーキャラクターをあしらった新モデル「クルトガ スタンダードモデル ディズニー・シリーズ」を新発売すると発表した。7月20日より全国で販売を開始する。

教育・受験 その他
クルトガ スタンダードモデル ディズニー・シリーズ
  • クルトガ スタンダードモデル ディズニー・シリーズ
  • クルトガエンジン
 三菱鉛筆は6月27日、芯が回ってトガり続けるシャープペンシル「クルトガ」から、ディズニーキャラクターをあしらった新モデル「クルトガ スタンダードモデル ディズニー・シリーズ」を新発売すると発表した。7月20日より全国で販売を開始する。

 クルトガは、同社が独自に開発した「クルトガエンジン」を内部に搭載し、文字を書くときの筆圧を利用して芯が少しずつ回転することで、芯先が偏りなく円すい形に磨耗していくように工夫されたシャープペンシル。芯に連結された内部のギアが一画書くたびに9度回転、40画で1周するようになっており、芯先が常に尖った状態を保ことができるため、細く、クッキリとした線や文字を書き続けられるのが特長。また均一に尖った芯先は紙に引っかかりにくく、芯の粉も出にくいなどの利点もあるという。

 2008年に発売されたクルトガは、シャープペンシルを多用する学生を中心に好評を得て、これまでシリーズ全体で2,000万本以上を売り上げる人気の商品となっているという。

 クルトガはこれまで、1本472円の「スタンダードモデル」のほか、高級感あるアルミグリップを採用した「ハイグレードモデル」「ローレットモデル」(各1,050円)を展開。今回新たに、学生に人気のディズニー・キャラクターをあしらった新シリーズを発売する。

 スタンダードモデルをベースに、本体軸にミッキーをモチーフとしたドット柄デザインを施したモデルでは、ブラック、ピンク、ブルーの3色を展開。また、ミッキー・ミニー・ドナルドそれぞれの洋服をイメージし、それぞれの定番アイコンをあしらった3モデルの合計6モデルを販売する。芯径は0.5mmで、価格は各682円。
《田崎 恭子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)