紙の醍醐味をスマホで実現、BIGLOBEが「三省堂国語辞典」初のアプリを提供開始

教育ICT ソフト・アプリ

アプリダウンロードページ
  • アプリダウンロードページ
  • アプリ画面イメージ
 BIGLOBEは、三省堂刊行「三省堂国語辞典 第六版」のAndroid向けアプリを、Google Playにて提供を開始した。書籍版では2,625円のところ、同アプリでは発売記念セールとして、先着1,000名限定で900円にて提供するという。iPhone向けは8月上旬に提供予定だ。

 同アプリでは「三省堂国語辞典」に収録されている8万語を、新語・カタカナ語・新用法を含めて網羅したオフラインでも利用できる本格的な辞書アプリだ。動辞典の電子化はPC、電子端末を含めても初の試み。

 主な特徴としては、日本語の美しさや見やすさをいかす「縦書き表示」や辞書の側面に印刷された索引を再現し、索引の上で指をスライドさせると見出し語を表示する「インデックス検索」などを採用している。また、使い込むごとに自分だけの辞典に仕上がる「マーカーメモ」・「しおり」機能など、紙の辞典の醍醐味である“言葉を散策する楽しみ”を取り入れながら高い操作性を実現しているという。

◆三省堂国語辞典(アプリ)
提供サイト:Google Play
利用料金:900円(セール終了後は1,800円)
ダウンロード:Webサイトより
《村尾 純司》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)