スーパーサイエンスハイスクール研究発表会、8/8-9横浜にて開催

教育・受験 学校・塾・予備校

スーパーサイエンスハイスクール(SSH)生徒研究発表会 ポスター
  • スーパーサイエンスハイスクール(SSH)生徒研究発表会 ポスター
  • スーパーサイエンスハイスクール(SSH)について
 文部科学省と科学技術振興機構(JST)は、8月8日と8月9日の2日間、スーパーサイエンスハイスクール(SSH)生徒研究発表会をパシフィコ横浜で開催する。SSH指定校の生徒が日頃の研究成果をポスターや口頭で発表する。

 SSHとは、先進的な理数教育を実施する高校を指定する制度で、2002年度に始まった。2012年度は、全国で73校が指定されおり、指定期間は5年となっている。

 今回の発表会は、178校のSSH指定校と海外招聘校15校が参加する。一般参加者も合わせると、全体で約3,000名の参加が見込まれる。なお、一般参加に際して事前登録は必要ない。

 プログラムは、九州大学マス・フォア・インダストリ研究所所長の若山正人氏による講演と代表校による口頭発表、ポスター発表を予定している。

 ポスター発表は、早稲田大学高等学院「『可笑しさ』の感覚を示す客観的な指標の探索2」や福島高校「放射能汚染の対策」、立命館高校「鏡像による多面体の作成」などを予定している。ポスター発表のテーマ一覧は、文科省のサイトに掲載されている。

 優れた研究発表については文部科学省およびJSTにより表彰されるという。

◆SSH生徒研究発表会
日時:2012年8月8日(水)9:00~18:00、8月9日(木)9:00~15:20
会場:パシフィコ横浜
参加費:無料
申込方法:当日直接会場にて受付
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)