電子黒板対応ソフト「音楽帳6」…音符表示や運指表示機能も

教育ICT 学校・塾・予備校

音楽帳6
  • 音楽帳6
  • 運指表示画面
  • 楽譜編集画面
 河合楽器製作所は8月1日、電子黒板に対応した学校向け音楽教育ソフト「音楽帳6」を発売する。学習指導要領に対応した音楽教育ソフトで、価格は29,400円。

 1995年10月の発売以来、短時間で読譜の能力を身につけながら、音楽活動への意欲を高める音楽教育ソフトとして多くの学校に導入されているという。

 旧バージョンの改良点について、電子黒板特有の操作方法に対応していなかった点を改良し、音符入力などの操作も問題なく行えるようになった。

 同製品の特徴について、リコーダーや鍵盤ハーモニカの運指表示機能、学校の楽譜で多用されるリズム譜の線上への音符表示、ビートタッピングによる演奏テンポの任意コントロールなど、学校の先生方からの要望に対応した。

 また、楽譜編集・演奏機能の基本部分を、スコアメーカーFXシリーズと共通化した。これにより、スコアメーカーFX同様の高度で美しい楽譜を、より簡単に効率よく作成できるようになった。スコアメーカーFXシリーズの楽譜ファイルも直接読み書きできるようになり、教材作成がよりスムーズに行えるようになったという。

◆音楽帳6
価格:29,400円、マニュアルは8,400円
発売日:8月1日
(動作環境)
対応OS:Windows 7 /Vista/XP 日本語版 (最新のサービスパックが必要)
CPU:Windows 7/Vistaの場合、パフォーマンス評価3.4以上のサブスコアのプロセッサ Windows XPの場合、Intel Pentium4クラス以上のプロセッサ
メモリ:OSが快適に動作する容量
ハードディスク:インストール時に500MB以上の空き容量が必要
画面表示:XGA(1024×768ピクセル)以上、フルカラー
その他:Microsoft Internet Explorer 6 以上/CD-ROMドライブ
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)