放射線量・気象警報・噴火警報、ヤフーがスマホ&メールに通知

デジタル生活 ソフト・アプリ

ヤフー「防災速報」(iPhone版)
  • ヤフー「防災速報」(iPhone版)
  • 放射線量の設定画面
 ヤフーは8月13日、メールやスマートフォンアプリ(Android・iPhone対応)で災害情報を配信する無料サービス「防災速報」に、放射線量・気象警報・噴火警報を追加した。自宅、勤め先など最大3地域を設定することで、それらの地域の防災速報をメールやアプリで受信することができる。

 「防災速報」では既存の地震情報、豪雨予報、津波予報、電力使用状況、計画停電情報に今回の3サービスを追加し、現在合計8種類のサービスを提供している。

 「放射線量」は、直近の1時間に計測された放射線量の平均値が、過去180日間の平均値と比較して上昇した場合に通知される。この通知基準は、1.5倍、2倍、5倍、10倍から選択が可能だ。なお、設定地域から半径300キロメートルに含まれる市区町村で計測している放射線量が通知対象となる。

 「気象警報」は、設定地域に大雨・洪水・大雪・暴風・暴風雪・波浪・高潮警報が発表・解除された場合に通知される。

 「噴火警報」は、気象庁が定める噴火警戒レベル導入火山に噴火警報(噴火警報レベル4または5)が発表・解除された場合に通知される。
《田村麻里子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)