【大学受験2013】ベネッセ、合格可能性判定基準を掲載

教育・受験 学校・塾・予備校

進研模試合格可能性判定基準
  • 進研模試合格可能性判定基準
  • 進研模試合格可能性判定基準
  • 大学の紹介ページ
 ベネッセのWebサイトでは、2013年度入試情報として「合格可能性判定基準」を掲載している。今年7月の進研模試総合学力記述模試結果と2012年度入試結果、2013年度入試科目データをもとに算出したという。

 7月の進研模試総合学力記述模試を受験した人は自分の成績と見比べて、受験していない人も傾向として、大学間や学部・学科間の難易度を確認できる。

 「国公立大」「私立大」「大学校、短大、専門学校その他」の3つに分類し、大学・学部・学科・日程・方式ごとの合格可能性を掲載。A~Eの5段階判定による偏差値を表示している。

 表中の大学名をクリックすると大学の紹介ページが表示され、大学の特徴や入試科目、学費など受験に必要な情報もチェックできる。

 志望校の情報を収集して受験に備えよう。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)