家庭用ビニールプール、おぼれ事故注意…東京都

生活・健康 その他

事故発生場所別の救急搬送人員
  • 事故発生場所別の救急搬送人員
  • お風呂で「首輪型の浮き輪」の事故
 東京都生活文化局は、夏の時期によく使用されている、家庭用ビニールプールでのおぼれ事故が発生したと発表。保護者や大人は、絶対に子どもから目を離さないよう注意を呼びかけている。

 夏の暑い時期、家庭用ビニールプールは家庭や保育所などで水遊びのため、多く利用されている。しかし、8月に同タイプのプールで「おぼれ事故」が発生した。保育所で女児(3歳)が、職員が5分ほど目を離した隙に何らかの原因で溺れ、意識不明の重体となった。水深はわずか23.5センチだった。

 乳幼児は、10センチ程度の水深でも起き上がることができず、溺れる可能性があるため、絶対に目を離さない。兄弟や友だち同士などと遊んでいるときも、子どもだけで遊ばせないようにすることが重要だ。

 また、東京都生活文化局は、家庭用プールだけでなく、公園の水遊び場や浴室など、水深の低い場所でも一人にせず、保護者が目を配るよう呼びかけている。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)