女子中学生の4人に1人、女子高校生の半数近くがスマホ所有

 アスキー総合研究所は9月14日、「魔法のiらんど ライフスタイルアンケート2012夏」の調査結果を発表した。女子中学生の4人に1人、女子高校生の半数近くがスマホを所有していることが明らかになった。

デジタル生活 モバイル
スマートフォンの所有状況
  • スマートフォンの所有状況
  • 女子中学生/利用もしくは購入希望機種に関して
  • 女子高校生/利用もしくは購入希望機種に関して
  • 電子書籍リーダーの所有状況
  • 欲しい電子書籍リーダー
 アスキー総合研究所は9月14日、「魔法のiらんど ライフスタイルアンケート2012夏」の調査結果を発表した。女子中学生の4人に1人、女子高校生の半数近くがスマホを所有していることが明らかになった。

 同調査はケータイ小説サイト「魔法のiらんど」を訪問した女子中学生、女子高校生を対象に、8月1日~8月15日にWeb自記式アンケートを実施し、2,926件の回答を得て集計したもの。

 スマートフォンに関する質問では、「すでに所有している」は女子中学生で25%、女子高校生では43%。5月に行われた、同社の「ライフスタイルアンケート2012春」の調査時より、スマートフォンの所有率は10%ほど増加している。

 女子中学生の利用しているスマートフォンは「iPhone」「Android」ともに45%だったが、女子高校生の「Android」利用率は59%で「iPhone」を上回った。

 一方、スマートフォンを半年以内に購入する予定の回答者の購入希望機種では、「iPhone」が女子中学生の42%、女子高校生の51%を占めた。今後「iPhone」の利用率が高まる可能性がある。

 アプリの利用に関しては、女子中学生の88%、女子高校生の95%が利用していると回答。利用するジャンルについて聞いたところ、「ゲーム全般」「写真・動画加工」「mixiやFacebookなどのSNS」を半数以上の女子中高生が利用。女子高校生ではSNSの比率が65%と高い結果となった。

 何らかの電子書籍リーダーを所有しているのは、女子中学生の26%、女子高校生の34%で、スマートフォンの比率が高い。欲しい電子書籍リーダーは、女子中高生の40%が「iPad」と回答したが、「欲しいと思わない」という回答も、ほぼ同数という結果になった。

 読んでいる・読みたい電子書籍のジャンルは、「コミックス」がもっとも多く、読みたい書籍が今後、 紙と電子の両方で出版されるとしたらどちらを購入するか、という質問では、女子中高生の31%が「紙のみ購入」と回答。また、「紙の方を多く購入」との回答も23%を占めていた。紙媒体中心の購入意向が強いことが伺える。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)