H.I.S.「新卒入社月選択制度」2013年導入

 エイチ・アイ・エスは10月1日、世界中から優秀な人材を採用するために「新卒入社月選択制度」と「海外学生インターンシッププログラム」を導入すると発表した。2013年採用活動より新入社員が入社月を自由に選択できる。

教育・受験 その他
エイチ・アイ・エスのホームページ
  • エイチ・アイ・エスのホームページ
 エイチ・アイ・エスは10月1日、世界中から優秀な人材を採用するために「新卒入社月選択制度」と「海外学生インターンシッププログラム」を導入すると発表した。

 同社は、これまで新卒採用活動は4月入社一括採用を行っていたが、事業のグローバル化をさらに促進させていく人材の採用を目指し、2013年採用活動より新入社員が入社月を自由に選択できる「入社月選択制度」を導入する。入社月は、卒業後1年以内の毎月1日とする。

 これにより、日本とは卒業時期が異なる海外留学生や現地の学生が就職しやすい環境を整えることで、世界中から優秀な人材の採用を目指すという。同制度導入に先駆け、2013年4月入社予定の内定者のうち、海外の学生を中心とした約20名が2012年10月から入社する。

 海外学生インターンシッププログラムは、世界中の学生にエイチ・アイ・エスという企業を知ってもらうため、海外大学に在学している大学生・大学院生を対象に2012年11月より新宿の本社にてインターンシッププログラムを開始する。募集は、日本語の語学力は問わず英語力のみを必須条件とする。既に7月より同社ホームページを通じて募集を行っており、世界21か国の大学生約50名より応募があり、そのうち10名が参加予定となっている。

 今後、採用国に関わらず優秀な人材を登用する世界共通のキャリアパス制度の導入や、世界共通基準の評価制度を導入させるなど、更なるグローバル事業の拡大を図るという。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)