いじめ、半年間で7万5千件…うち250件は命脅かす

 平野文部科学大臣は10月1日の退任記者会見で、いじめ緊急調査の結果を公表した。2012年4月から半年間のいじめの件数は7万5千件、このうち子どもの命や身体を脅かす恐れのある重大ないじめが約250件にのぼることが明らかになった。

教育・受験 その他

平野文部科学大臣 10月1日の会見
  • 平野文部科学大臣 10月1日の会見
  • 文部科学省のホームページ
 平野文部科学大臣は10月1日の退任記者会見で、いじめ緊急調査の結果を公表した。2012年4月から半年間のいじめの件数は7万5千件、このうち子どもの命や身体を脅かす恐れのある重大ないじめが約250件にのぼることが明らかになった。

 同調査は、大津市の中学生が自殺した事件を受けて、全国の公立・私立の小中高校を対象に実施。9月20日までにまとめる予定だったが、約10か所の結果がまだ報告されておらず、件数はさらに増える可能性がある。

 2011年度に全国の小中高校が認知したいじめは7万231件で、すでにこの半年で昨年の件数を上回っている。

 なお、今回の「いじめ緊急調査」に関する会見は、10月1日の会見動画の16:00から視聴できる。

《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)