5時間かけて数学に挑む、中学生以上対象に11/3近大でコンテスト

教育・受験 学校・塾・予備校

第15回数学コンテスト
  • 第15回数学コンテスト
  • 数学コンテスト概要
  • 2011年11月3日開催の問題
 近畿大学理工学部では学園祭期間中の11月3日、近畿大学東大阪キャンパスにて、一般からの参加も可能な「第15回数学コンテスト」を開催する。解答作成場所や参考書などの使用は自由で、グループ参加も可能。5時間かけて数学に挑む。

 同コンテストは、受験勉強とは一味違った個性的問題に集中して長時間かけて取組み、考え抜いて答えに到達した喜びを多くの学生に知ってもらおうと1998年度から開催され、今年で15回目を迎える。

 第3回からは一般公開となり、現在では中学生、高校生、大学生、大学院生から現役の中高教員ほか、一般から多数の参加があるイベントとなっている。参加者の中には、後の国際数学オリンピック金メダル受賞者、学会発表者などもいるという。

 9時50分集合のコンテストは、10時から15時が解答作成時間となり、15時30分から17時30分頃に解説と表彰を行う。今回は、高校数学までを範囲とするA問題5問、大学1年程度の内容を含むB問題4問を出題する予定。

 参加費は無料で、成績優秀者には賞品を授与する。参加希望者にはなるべく事前の申込みを募集している。

◆近畿大学理工学部理学科数学コース「第15回数学コンテスト」
日時:2012年11月3日(土・祝)9:50~17:30
場所:近畿大学理工学部31号館4階401講義室(大阪府東大阪市小若江3‐4‐1)
参加資格:無制限
参加料:無料(筆記用具持参)
申込方法:ハガキ、FAX、メールのいずれかで近畿大学理工学部数学教室数学コンテスト係まで
《勝田綾》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)