NTT東日本、小学生向け出張授業「ネット安全教室」実施校募集

教育ICT インターネット

ネット安全教室 基礎プラン
  • ネット安全教室 基礎プラン
  • ネット安全教室 応用プラン
  • ネット安全教室の特徴
  • カリキュラム
 NTT東日本 東京支店は10月30日、小学生向け出張授業「NTT東日本 ネット安全教室」実施校の募集について発表した。社員が東京都内の小学校へ講師として訪問し、ネットでのコミュニケーションやマナー、注意点などについて講義するもので、学校側の料金負担は一切かからない。

 同社では、CSR活動の一環として2006年度より社員が東京支店管内の小学校などに出向き、ネットコミュニケーションの仕方、マナーをテーマにした出張授業「ネット安全教室」を実施している。2012年4月~9月末の実績は、東京支店管内の公立小学校68校に授業を計90回実施し、参加児童数は約9,800人にのぼる。

 授業は、パソコン、携帯電話等の利用やインターネットへのアクセスを禁止する「べからず」指導だけではなく、子どもたち自身のコミュニケーション能力を高め、被害者にも加害者にもならぬよう自ら判断し、行動する力を育成するもの。アニメーション視聴とスライドに沿った講義となっている。

 カリキュラムは、小学3年生~6年生向けの「基礎プラン」と小学5年生~中学1年生向けの「応用プラン」があり、学年や規模、時間に応じて授業内容を組み合わせることも可能という。

 申し込みは、授業実施希望日の2か月前までにNTT東日本 東京支店 企画部 広報担当 ネット安全教室事務局宛に電話かFAX、メールで申込む。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)