au損保、ファミリー自転車 顧客満足度「自転車保険部門」でNo.1獲得

生活・健康 交通・クルマ

イード・アワード、自転車保険部門
  • イード・アワード、自転車保険部門
  • 警察庁「平成22年中の交通事故の発生状況」
  • au損保
  • au損保
 au損害保険は、顧客満足度調査に基づいて贈られるイード・アワード2012「ファミリー自転車」にて「自転車保険部門」で最優秀賞を受賞したと発表。「保険料」「プランの充実度」「わかりやすさ」の3部門でも1位を獲得した。

 同調査は、家庭に自転車を保有している30代から50代の方を対象に、8月3日から9日までの8日間、インターネット上で実施された。au損保は、自転車保険の総合満足度で最優秀を獲得しただけでなく、「保険料」「プランの充実度」「わかりやすさ」の3部門においても第1位となった。

 au損保は、2011年11月より月々100円で加入可能な「100円自転車プラン」を販売。2012年2月には、夫婦または家族がまとめて加入できる「新自転車ワイドプラン」を発売するなど、「自転車保険のau損保」として活動してきたという。

 警察庁の自転車関連事故調査によると、自転車同士の事故、対歩行者の事故ともに急増しており、1998年の事故件数に比べると自転車同士の事故が420%、対歩行者の事故が570%と増加している。

 社会問題化している自転車事故に対し、au損保は自転車の「ルール・マナーを守ること、事故をなくすこと」を広げるためのCSR活動も展開しており、保険の提供とCSRの両面から自転車ユーザーにとって安全な環境作りを目指しているという。

 今回のイード・アワード受賞にともない同社は、さらなる顧客満足度の向上につとめ、利用者にとって身近な保険会社を目指すとしている。
《湯浅大資》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)