【センター試験2013】予想平均点の予備校比較…文理とも総合点は昨年下回る

教育・受験 受験

代々木ゼミナールの予想平均点(一部)
  • 代々木ゼミナールの予想平均点(一部)
  • 河合塾の予想平均点(一部)
  • 東進の予想平均点(一部)
  • ベネッセ・駿台の予想平均点(一部)
 大手予備校各社は、1月19日、20日に実施された大学入試センター試験の予想平均点(速報値)を発表している。東進、代々木ゼミナール、河合塾、駿台・ベネッセについて見ていこう。

 2012年度平均が124.15点であった英語筆記は、代々木ゼミナールが122点、河合塾が122点、東進が122点でいずれも昨年度比ー2.15点、駿台・ベネッセのみ123点でー1.15点と予想している。

 リスニングは昨年度平均が24.55点で、代々木ゼミナールが28点(+3.45点)、河合塾が31点(+6.45点)、東進と駿台・ベネッセはともに30点(+5.45点)と予想している。

 文系受験者の5教科7科目(900点満点)では、代々木ゼミナールが557点、河合塾が534点、東進が548点、駿台・ベネッセは543点、理系受験者の5教科7科目では代々木ゼミナールが567点、河合塾が556点、東進が570点、駿台・ベネッセが576点。「総合点」は250点満点の英語+リスニングを200点満点に換算して発表しているため、2012年の平均点は推定となるが、代々木ゼミナールでは文系572点、理系567点、河合塾では文系572点、理系586点としており、いずれも2013年度の予想は、2012年度の平均を下回る。

 自己採点結果に基づいた確定値は、22日夜、もしくは23日には、発表される模様だ。
《田村麻里子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)