東京都立高校入試の採点ミス・追加合格者、48校の学校名を公表

教育・受験 受験

採点上の誤りがあった学校名
  • 採点上の誤りがあった学校名
  • 東京都教育委員会
 東京都教育委員会は4月24日、2014年度の都立高校入試において採点ミスと追加合格者があった学校名を公表した。採点上の誤りがあったのは、三田高校、竹早高校など48校。このうち、野津田、山崎、小平西、小平南の4高校で追加合格者が出た。

 採点ミスがあったのは、全日制43校、定時制6校、通信制1校。このうち、全日制普通科は、三田、竹早、城東、八潮、目黒、千歳丘、鷺宮、武蔵丘、井草、大泉、石神井、田柄、青井、足立、紅葉川、富士森、多摩、成瀬、野津田、町田、山崎、小平西、小平南、久留米西、武蔵村山、保谷、新宿、美原、飛鳥、板橋有徳、翔陽の31校。

 全日制の専門学科は、園芸、農業、中野工業、足立工業、葛西工業、町田工業、田無工業、五日市、多摩科学技術、大田桜台の10校。全日制総合学科は、つばさ総合、杉並総合の2校。定時制は、一橋、園芸、荻窪、江北、農産、青梅総合の6校。通信制は一橋1校。

 追加合格者は、野津田、山崎、小平西、小平南の4高校で計4名となっている。

 採点ミスと追加合格者が明らかになったのは、2月24日、3月9日、3月26日に実施した都立高校入試。荻窪高校において、新入生の学力を把握するため、すでに終了した学力検査の答案を確認したところ、8名の答案に採点の誤りが判明。これを受けて、都教委が学力検査を実施した全都立高校の答案を再点検したところ、48校で計139件の採点ミスが発覚した。

 追加合格となった4名については、本人や保護者、関係者に対して謝罪と説明を行い、本人や保護者の意向を十分に確認して対応するとしている。また、調査委員会を設置し、今回の採点ミスの原因を究明、改善策や再発防止策を7月中に取りまとめるという。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)