教室での学習環境にプラスアルファ、スクールZのeラーニング

教育ICT 学校・塾・予備校

ウィザスネットスクール運営推進部統括責任者の森田俊和氏
  • ウィザスネットスクール運営推進部統括責任者の森田俊和氏
  • スクールZの特徴を説明する森田氏
  • 森田氏の英語授業の様子
  • チョークの代わりはタッチペン
  • 入力した内容は瞬時に生徒と共有
  • 授業開始時間前は、生徒同士または先生と雑談
  • 授業開始時間前になると生徒がログイン
  • スクールZに必要なのはカメラとヘッドセット
 ウィザスが関西を中心に展開している進学塾「第一ゼミナール」の授業を自宅で受講できるライブ授業サービス「スクールZ」。塾においても教育ICTの導入が盛んになり、特にインターネットを活用したeラーニングサービスは多くの塾が展開している。

 スクールZもeラーニングサービスのひとつだが、先生と生徒の会話が教室のように交わされる特徴をもつ。パソコンの中に教室環境を作り出すスクールZの特徴についてウィザスネットスクール運営推進部統括責任者の森田俊和氏に聞いた。

--スクールZでは、どのように授業が行われているのでしょうか。

森田氏:スクールZの授業は、教員と生徒の双方向ライブ授業です。子どもたちは、決まった時間に自宅のパソコン画面に向かい、時間になったら先生が授業を始めます。同じ授業を受けているほかの子どもたちも、パソコン画面に表示されるため、チャット機能を使ってお互いにコミュニケーションをとったり、「挙手ボタン」を使って先生の問いに答えたり質問したりと、教室での授業とほとんど変わらない環境で授業が実施されます。

--スクールZの特徴などについてお聞かせください。

森田氏:スクールZの特徴を簡単に説明すると、機能面と家庭環境面の2つが挙げられます。機能面においては、パソコンを活用するため、画面上に資料を表示したり、各教科の各単元でビジュアル要素を多く含めることでより理解を深めることができます。また授業は毎回録画されているので、繰り返し見直すことができ学習効率が上がります。

 2つ目の特徴は、通塾の送り迎えの負担や夜の遅い時間に子どもを外に出さなくてもよいという安心感など家庭環境面です。スクールZを活用してくださっている生徒の7割から8割が女子生徒ということを考えると、子どもの安全面が保護者の方々に重視されていると言えるでしょう。

--スクールZを受講するメリットはどのようなところにあるのでしょうか。

 まず、授業に使うプリントや資料を画面に表示することで、プリントを配る時間が必要ありません。もちろん小テストの問題用紙や解答用紙を配布する時間も必要ありません。また、資料を即時に画面上に表示することができるため、無駄な板書をする必要がなくなり授業時間を大きく削減することができます。このような理由から、第一ゼミナールで行われている80分授業を、スクールZでは60分で可能となり、授業料も比較的安く設定できています。

 そのほかのメリットとしては、全ての授業が録画されているため授業を欠席しても、後から録画映像で授業を見れることです。また、定期テストの予想問題や学習計画書など、いつでも自由にダウンロードして活用することができるのもオンラインならではのメリットでしょう。これらの録画映像や予想問題などは、予習や復習にも役立ちますし、生徒の都合のよい時間に活用できることは大きなメリットだと思います。一度行われた授業を繰り返して見ることは、通常の授業では不可能ですからね。

 保護者目線では、先ほども述べましたが通塾の安全面や送り迎えの負担がないほか、保護者が子どもの横で授業を見ることができるメリットもあります。特に体験授業の時は、受講する子どもの横で、どのように授業が行われるのかを一緒に体験することができ、学習内容や子どもの理解度をより細かに把握することができます。

--スクールZはどのような生徒に最適でしょうか。

森田氏:スクールZは、自宅にインターネット環境があり、パソコンにヘッドセットとWebカメラがあれば全国どこでも受講することができます。そういった意味では、近くに通える塾または通いたい塾がない子どもたちにとっては最適だと思います。

 また、どこに住んでいても、同じ目的を持った同じレベルの子どもたちと一緒に勉強できるということも大きなメリットでしょう。従来の教室内や建物内での競争ではなく、全国の学生と切磋琢磨することが可能になります。そのほか、習い事や部活が忙しく教室に通う時間がない生徒や、自分の都合のよい時間に学習したい生徒などにも向いているでしょう。

--スクールZを利用する上で、パソコン、ヘッドセット、Webカメラの設定などはどのようにサポートされているのでしょうか。

森田氏:スクールZを利用する上でのパソコン設定はとても簡単です。初期設定マニュアルに従ってインストールをお願いするのですが、電話でのサポートもしています。また、動作確認の時には、実際にどのように子どもがパソコンを活用するのかを保護者が体験することができ、インターネットを活用した教育に抵抗があった保護者の方々にも納得してご利用いただいています。

 また、スクールZでは、全国どこからでも受講可能な無料体験を実施しており、無料体験を受講した生徒の9割近くの方に入塾していただいています。ですから一度体験された方々には、十分満足していただけているようです。

--パソコン内で一緒に授業を受けている生徒同士の関係はどうでしょうか。教室での授業と異なる部分はありますか。

森田氏:生徒たちは、授業開始前にログインし、パソコンの前で準備しています。その間、教室と同じように生徒同士でいろいろと会話をしています。全国から生徒が集まっているので、各都道府県の文化や習慣の違いなどを共有するよい情報交換の場となっていると思います。

--この時期は、塾を探していらっしゃる保護者も多いかと思います。塾探しのアドバイスがありましたらお聞かせください。

森田氏:パソコンとインターネットを使った授業というと、オンデマンドの映像授業を想像する方が非常に多いようですが、スクールZは教員と生徒双方向のライブ授業です。パソコンを教室に見立て、全国の生徒が自宅で一緒に学べる環境を作り出すサービスなのです。もちろん、授業が録画されているため、後日映像授業として見ることもできますが、あくまでもそれはオプションとして提供しているにすぎません。

 受験生にとっては、通塾の時間を勉強に費やすことができるだけでなく、映像授業や定期テストの予想問題など、復習に活用できる機能も充実しています。これから塾を検討される保護者の方々には、一度スクールZの無料体験を試してみてほしいですね。

--ありがとうございました。
《湯浅大資》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)