たまプラーザテラス(横浜)で超小型モビリティのある暮らしを考える3/13

生活・健康 交通・クルマ

横浜市 超小型モビリティ実証実験(参考画像)
  • 横浜市 超小型モビリティ実証実験(参考画像)
  • 横浜市 超小型モビリティ実証実験(参考画像)
国土交通省は、超小型モビリティのモニター調査を「次世代郊外まちづくり」に生かすための「タウンミーティング」を、たまプラーザテラス(横浜市青葉区)で3月13日に開催する。

今年2月から3月にかけて、「次世代郊外まちづくり」の主要な取り組みのひとつ、「スマートコミュニティ推進部会」のメンバーである横浜市、東急電鉄、日産自動車が一体となり、国土交通省の事業に協力。コンパクトで環境性能に優れる超小型モビリティのモニター調査を東急田園都市線沿線エリアで実施した。

今回の「タウンミーティング」は、そのモニター調査の結果を「次世代郊外まちづくり」の検討に生かすため、モデル地区在住・在勤の人々が中心になって行うもの。

イベントでは、子育て世帯のモニター7人が、日常生活の中で超小型モビリティを利用した2週間のうちに感じた使い勝手・魅力・課題などを話すほか、自動車ジャーナリストの川端由美氏とともに来場者の意見を聞きながら、今後のまちづくりにおける超小型モビリティの可能性などについて話し合う。

定員は先着100人で、入場無料。

横浜市、超小型モビリティのある暮らしを考える「タウンミーティング」3月13日

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)