【高校受験2013】兵庫県公立高校入試の解答、晶学社がサイトに公開

教育・受験 受験

晶学社、問題と解答
  • 晶学社、問題と解答
  • 受検状況、兵庫県教育委員会
 兵庫県公立高校入試は3月14日に実施され、27,529名が参加した。当日の解答速報はサンテレビで行われたが、晶学社が問題と解答を15日に掲載した。教育委員会の発表によると、受検当日の欠席者数は165名だったという。

 兵庫県教育委員会が公開した入学者選抜受検状況によると、当日139名の欠席者が出た全日制の受験者数が27,529名となり、受験倍率が1.10倍。定時制では、26名が欠席したため、受験倍率が0.80倍となった。

 全日制でもっとも倍率が高かったのは、松陽の生活文化と農業の農業環境工学の1.75倍。普通科では、市六甲アイランドの1.53倍がもっとも高かった。なお、合格発表は3月21日の10時に行われる予定。
《湯浅大資》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)