大阪府立高校入試で54校110件の採点ミス…2校4名の合否に影響

教育・受験 受験

大阪府教育委員会のホームページ
  • 大阪府教育委員会のホームページ
 大阪府教育委員会は6月14日、2013年度大阪府立高校入試で、全153校のうち54校で110件の採点ミスがあったと発表した。大手前高校の2人に加え、成城高校で2人が不合格となっていたという。

 府立大手前高校の採点ミスを受け、府立高校全校で答案の再点検を行ったところ、54校で110件の誤りが発覚。誤りがもっとも多い東住吉総合高校では、6件発覚した。

 改めて合否判定のやり直しを行った結果、成城高校の前期選抜で、本来合格とすべき1人を不合格としていたことが判明。この生徒は、後期選抜で成城高校に合格した。そのため、後期選抜で不合格となった生徒1人を合格とすることとした。

 成城高校の2人のうち1人の生徒とその保護者へは6月13日に、もう1人の生徒の保護者へは6月14日にそれぞれ事実経過を説明し、謝罪した。今後については、生徒と保護者の意向を踏まえ、誠意をもって対応していくという。

 なお、多くの採点ミスが発生した原因については、これから詳細な分析を行ったうえで、解答用紙を工夫するなど、改善策を検討するとしている。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)