【高校受験2015】青森県立高校の出願状況(確定)、青森高校1.12倍

 青森県教育委員会は2月25日、県立高校入学者選抜の出願状況を発表した。全日制の出願倍率は1.1倍。出願倍率がもっとも高いのは、八戸工業(土木建築・建築コース)2.2倍であった。

教育・受験 受験
出願状況(全日制、一部)
  • 出願状況(全日制、一部)
  • 出願状況(全日制、一部)
 青森県教育委員会は2月25日、県立高校入学者選抜出願状況を発表した。全日制の出願倍率は1.1倍。出願倍率がもっとも高いのは、八戸工業(土木建築・建築コース)2.20倍であった。

 青森県立高校入学者選抜では、これまで前期と後期の2回に分けて実施していた高校入試を2015年度より一本化し、全募集人員を一括で募集する。願書は、2月18日~24日正午まで受け付けた。

 全日制の出願状況は、選抜の募集人員8,910人に対し、出願者9,760人で、出願倍率1.10倍。出願倍率を地域別に見ると、東青1.10倍、西北五0.99倍、中弘南黒1.21倍、上十三1.00倍、下北むつ0.97倍、三八1.18倍。

 出願倍率を学校別に見ると、青森(普通)1.12倍、弘前(普通)1.22倍、八戸(普通)1.16倍など。出願倍率がもっとも高いのは、八戸工業(土木建築・建築コース)2.20倍、次いで、弘前工業(建築)1.89倍、弘前工業(電気)1.80倍、八戸工業(土木建築・土木コース)1.70倍、八戸商業(商業)1.63倍、弘前工業(電子)1.57倍、弘前工業(インテリア)1.57倍、弘前実業(農業経営)1.53倍となった。

 学力検査と面接は3月10日(火)、合格発表は3月16日(月)午前9時に各県立高校で行う。欠員が生じた場合のみ、再募集を実施する。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)